M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

縄文時代・・・女性は太陽!

今日の 破・常識!

縄文時代・・楽しい波動で満たされていた時代!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 14


さくやさんから教えてもらった縄文時代の人々の生活の様子を

もっともっとお話ししたいんだけど・・

どうも私の表現では うまく伝わらないような気がして(汗)・・

で、今日は さくやさんにお願いしましたぁ~~

さくやさんが見ていた 縄文時代の人々の暮らしで~~す!


「縄文時代の人たちは 良く働き よく笑っていたわ。

働く・・っていうのも 今とは違う感覚だけどね。

それぞれの 役割分担が上手で、得意分野で 

生き生きと働いていた。

食料を見つけるのが上手な人は 食料調達係、

家の中を きれいに保つのが好きな人は お掃除係!

子供が 好きな人は 保育係!

でも それも決まったものではなくて、

今日は これがしたい・・っていう 

その日の気分で別のことをすることもあったの。

じゃ、今日は この人がこっちをするから 

私は これね・・って、

その仕事の 人数配分がとてもスムーズに行われていたわ。


どうしてかわかるかしら??

なぜなら どの仕事も すべて大切な仕事だと思われていたから・・

今の あなたの社会のシステムのように 

この仕事のほうが、上 だの 下 だの 

つまらない概念がなかったから・・。

何をするのも 同じだけの誇りを持ってやっていたわ。


だから これが女性の仕事・・男性の仕事・・と言う概念もなかった。

まぁ、やっぱり 体力的に 力のいる仕事は 必然的に男性が、

身の回りのこまごました仕事は 女性が担うことは多かったわね。


でも こまごましたことが好きな男性もいるから 

その人は その人の好きな仕事をするし、

力仕事が得意な女性は それをする。

何も 決まり事はないの。


そして ここが 今のあなた達と違うところで、

男性が 面倒なこまごました 身の回りの仕事がしたくなくて

女性に押し付けているのではなくて・・

ただの 得意な分野として 

女性がその仕事を担っていた・・と言うこと!




だから その仕事をしてくれている女性たちに 男性たちは感謝し、

大変な力仕事をしてくれる男性たちに 女性たちは感謝をしていた。

彼らにとっては すべてが 感謝なの。


すべてに感謝してるから・・

やってもらって当たり前、やってくれないから不満・・

なんてことは全くないの。


だから 女性たちも とても のびのびとしていて 

本当によく笑ってたわ。

その輝くような笑顔を見て 男性たちも喜んでいた(笑)


今もそうなんだけどね・・男性たちは 女性の笑顔が大好き(笑)

男性たちの 元気の素は 女性の笑顔と 女性に褒められること(笑)


女性は 太陽のような存在だったのよ~~。


女性が笑うと 男性も 子供たちも 嬉しくて一緒に笑っていたわ。


そして 女性を笑わせる(楽しませる)ために 男性は おどけて見せたり

楽しい事をたくさん計画したの。


こうして いつもとっても楽しい 波動で満たされていたのよ。


そして 時間も自由で・・

その個人の体内時計で暮らしてたの。

その個人(個体)が、楽な時間に起きて 

眠くなったら寝る・・そんな生活!

よく太陽が出ると起きだして 沈むと眠る・・みたいな風に

思われているけど、そうでもなくて・・!

だって 夜も 今より月は大きくて明るかったし 

星もたくさん出ていた。

だから 結構明るかったのよ。

夜の好きな子たちは 夜をとても楽しんでいた。

でも 基本 暮らしにストレスもないし、

うまく自然からエネルギーを補給していたから 

そんなに眠らなくても元気だったの。

まぁ、好きな時に起きて 好きな時に眠る・・

それを だれも何もいわずに上手に役割分担していた・・ってことね。

時間?・・それって何?・・っていう生活だったの。


ね、イメージしているだけで ワクワクしてこない?

ハートが 喜ぶでしょ?

だって これが 

本来のあなた達の生活だったんだから・・思い出すのよね(笑)」



さくやさん 今日は どうもありがとう!


破・常識あつしの歴史ドラマ ブログの読者の皆様へ


このブログの記事も今日で15回を迎えました。

読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキング トップ 10圏内を年末のこの大晦日に

キープすることが出来ています。

そして 短い期間の間に たくさんの新しい読者の皆様の目に

ふれることができるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!

今年は 本当にお世話になりました。

皆様 よいお年をお迎えください。



で、年始も 毎日 更新するつもりです!

このまま 突っ走っていきます!!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す



スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文時代・・土偶の謎!

今日の 破・常識!

縄文時代に存在した宇宙種族たち!


テラが見ていた日本の歴史の真実! 13


日本の歴史の真実の旅 先へ進むために 

どうしても押さえておいてほしい

情報をお伝えします。


この縄文時代の地球上の

いろんな地域に散らばっていた人間たちには

それぞれガイドとして宇宙種族の存在がありました。


今までは わかりやすいように 

ムー系の縄文人のガイドである ドラコニアン(水棲龍族)と

アトランティス系の人間たちの支配者である レプティリアン(爬虫類人)

の対比で話してきましたが・・・

この先 縄文時代中期から弥生時代へと進めていくために

もう少し詳しい宇宙種族のお話をします。


縄文時代初期の地球上の宇宙種族 勢力図

1、ムー文明の波動を受け継ぐ日本列島

  縄文人のガイド・・・ドラコニアン(水棲 龍族)


2、アトランティス文明を受け継ぐ世界のその他の地域

  ◆  アフリカ 南ヨーロッパ 中東 地域

     人間たちの支配者・・・レプティリアン(爬虫類人)

  ◆  北ヨーロッパ ロシア 地域

     人間たちの支配者・・・ノルディック 金髪碧眼(ヒューマノイド系)

3、インド 中国 朝鮮半島 地域

  ◆  インドでは ナーガ、

     アジア地域では 蛇系の半身蛇族

     もともとは 同じ宇宙種族であり 

ちゃんとした名前が使われていないようなので

     私は ナーガ(蛇系 半身蛇族)と呼ぶことにします。


私が 何を言いたいかというと・・

同じアジア系である大陸の ナーガ(半身蛇族)と 

日本列島のドラコニアン(水棲 龍族)は、

まったく違う意識 価値観を持っていた・・・ということを

あなたに認識してほしいんです。


大陸のアジア系の民族は 

縄文人とは全く異なった波動を持つ人間だったのです。


これが この先の日本の歴史の真実を理解する上で 

とても重要になってきます。


ちょっとだけ お話しますが・・・

縄文時代後期から 弥生時代に

大陸から渡ってきた文化というのは・・・

そのナーガ(半身蛇族)の文化なのです。

そして 日本列島の縄文人は、

その勢力に押されてしまったのですぅ~~

日本の歴史の教育で 私たちが教えられてきた

古事記、日本書紀、は

そのナーガ(半身蛇族)系の人間たちが 

自分たちの都合のいいように書いたもので 

真実からはかなり遠いものなのですって・・


あと 土偶について・・・

まず 現在の説から紹介しますね。


※ 土偶・・yahoo百科事典より

土偶は、単なる飾り物や玩具(がんぐ)などではない。
縄文時代人の内面的な生活に深いかかわりをもつものであったろう。
乳房や妊娠した状態は、女性とりわけ母性を意識したものである。
このことから、動植物の繁殖、豊饒(ほうじょう)を
祈願することなどに結び付ける考えがある。
また、土偶が完全な形で発見される場合はきわめて少なく、
たいていどこかの部分が欠損している。
これについては、病気やけがなどの身代りであったとする解釈が聞かれる。
その欠けた箇所をアスファルトで接着した例が知られている。
さらに、土偶が遺骸(いがい)を埋葬した墓壙(ぼこう)内から
出土した例も報告されている。
この場合には副葬品ということになろうが、
どんな意味が込められていたのであろうか


さくやさんの話では・・・

女性を形作ったものではなく、

祈願のためのものでもないそうです。

これは 宇宙服を着た何者かの存在の記録を残すために

縄文人が作ったものだそうです。

これについては もっといろいろ情報があるそうですが、

ちょっと危ない話らしく(汗)・・・

今はまだお伝えする時期ではないらしいので、

またの機会にしますね。



読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキング トップ 10圏内をキープすることが出来ています。

そして たくさんの新しい読者の皆様の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!


年末年始も 毎日 更新するつもりです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文人の精神性とは?

今日の 破・常識!

生活の様式の違いは 価値観の違い!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 12


縄文時代の初期の人々の生活、

なんとなくイメージできましたか?

ドラコニアンたちに ハイテクな情報を教えてもらってるのに

生活は質素で なぜ 洞窟生活なのか?・・って、

疑問を持たれた方もいるのでは??


今日は そこのところを 詳しくお話しますね。

別の角度から お話しますので、ちょっと長くなるかも(笑)


まず 縄文人は ムーの文明の波動(エネルギー)を受け継いでいる

人間だということ。

そしてテラの波動が下がってきたために

地球内部の3次元世界から この時期 自分たちの意思で

ムーの波動を受け継ぐ日本列島に戻ってきたのだということ。


縄文人には テラの波動(エネルギー)のバランスをとる役割が

あったのです。

彼らは 波動について現在の私たちが想像する以上に

理解していた・・ということです。


日本列島以外の土地では レプティリアンが相変わらず

恐怖による支配をし ピラミッド社会の中で都合のいいように

人間たちをコントロールしていました。

世界のほとんどが アトランティス文明を受け継いだ

地域だったのです。


恐竜時代のお話の中で レプティリアンは 人間に代わる生き物として

恐竜を作ったが 計算ミスって失敗した、とお伝えしましたが、

もう一つ 想定外のことがありました。

レプティリアンは 不安や恐怖のエネルギーが大好きなので、

恐竜たちを作り 弱肉強食の世界を作れば

恐竜たちのネガティブエネルギーが

いっぱい生み出せると思っていたのです。

しかし 結果的に それも失敗に終わりました。

なぜか?

恐竜には 不安 恐怖のエネルギーがほとんどなかったのでしたぁ~~。

強敵に襲われても 怖いという感情は全くなく、

逆に 戦いに喜びを感じ 負けて殺されても自分が弱いからだと

納得して死んでいく潔さを持っていたのです。

ある意味 すごい(笑)!

というわけで レプティリアンは やっぱり感情豊かな人間たちを

支配して コントロールしたほうがネガティブエネルギーがたくさん

生み出せると思い直し またまた 人間の世界を作ったのです。


人間の”死”に対する恐怖は 半端じゃないですもんねぇ~~。

これこそ レプちゃんが恐竜で失敗し 反省したことなんですよ~。

私達は うまくコントロールされてきましたよね^^


この時代 アトランティス系の支配により 

人間たちのネガティブエネルギーが生み出され 

レプちゃんは大喜びだったんだけど

テラ(地球)の波動が下がってしまったのです。

それで 縄文人は波動のバランスをとるため 

日本列島に帰ってきたのです!


と、いうことは・・

縄文人の意識、価値観は 

他の世界の人々とまったく違っていたのです!

現在の私たちは アトランティス文明の流れの中で生きています。

その教育を受け 社会システムに属し 

まさしく 意識や価値観がほとんどアトランティス系なのです。

だから ムー系の流れの縄文人の価値観を理解するのは

私達にとって 実際かなり難しいと思います。


が、あえてチャレンジしま~~す。


縄文人の意識とは・・・

縄文人は 愛と調和の世界を望みます。

自然との共生です。

すべては テラや宇宙から与えられるものであり、

所有する・・という概念を持ちません。

グループで生活していても 個人を尊重し 

個人の自由を認め合います。

個が完全に自立しているのです。

だから 他者との取り合いなどの争い事は一切ありません。

自分の中をいつも見つめていて 

外側に意識を持つことはありません。

他者と比べる・・ということがまったくないのです。


縄文人の住居の中に 自分を内省するための

特別な部屋があったそうです。

今 ここの瞬間 瞬間に生きていて 自分の中にある感情、

波動(エネルギー)をいつも見つめなおし 

波動が下がらないようにしていました。


他者とのコミュニケーションにおいても 現在の私たちと

かなり違っていたようです。

結婚や家族という概念ももちろんありません。

すべてが つながっていることを理解していましたので、

何十人のグループでの生活であっても

まったく問題はありませんでした。


子供はみんなで育てていましたので、

誰が親なのか・・という意識が

今のようなものではありませんでした。

子供は みんなの子供であり 

大人はすべての子供の親・・という

感覚で育てていました。


恋愛という感情?・・と言っていいのかわかりませんが

やはり 異性としてズキュ~~ンと来ることはあったようです。

精神的にも 肉体的にも 波動的にも・・・

まぁ、肉体持ってるし エネルギーも個性があるので

当然ですよね~~


sox(ソックスではありませんww)・・

いきなり Soxの話ですが・・

お互いにズキュ~~ンと惹かれあったら 肉体においても

何度か交わり 確認していたそうです。

そして 何人かと経験していくうちに

自分に一番合った同志 一生をともにすることなります。


決して身体だけの フリーsoxではなく

 精神性を大切にしていました。

縄文人は soxがどれほど 

神聖な営みであるかを理解していたのです。


そしてsox専用の部屋もありました。

まぁ あまり人前で行うものではない・・という意識はあり、

この営みで波動が上がるのを 静かに楽しんでいた・・ということです。

このような精神性を持つ縄文人は 

真実のテラとの共生する生き方を知っていたのです。


アトランティス文明の流れの中で生活している

私たちの意識を見つめなおしてみたら 

少しは分かると思います。


テラや宇宙が すべての存在に平等に与えてくれているのに

所有する という意識を強く持ち、土地も農作物も動物も

すべて所有され弱肉強食の中で 人間同士争っている世界。

他者から搾取し 搾取され 傷つけ 傷つけられ

また 自然を壊し 人間の都合のいいようにつくりかえ

環境までも破壊してしまう世の中。

支配者の都合のいい教育をされ 

死ぬまでコントロールされる社会システム。


あなたは 縄文時代と比べてみて 

現在の世界の現実を どう思いますか?



読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキング トップ 10圏内をキープすることが出来ています。

そして たくさんの新しい読者の皆様の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!


年末年始も 毎日 更新するつもりです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文時代・・自然石の力!

今日の 破・常識!

縄文時代 初期・・・自然と調和する生活!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 11


前回 縄文時代のハイテクの話をしたんだけど・・・

書き忘れてましたぁ~~

山の上に巨大な石を設置したんですけど・・・

そんな重い石を どうやって山の上に運んだのか?


重力を操作したんです。

もちろん ドラコニアンたちが いつもそばにいたんだから、

そんなことは 朝飯前なんですよ~~

宇宙船から 巨大な石に光線を当てて 重力を操作し運んだのです。


まぁ、世界中の遺跡でも 人力では長い年月かかりそうなことを

作り上げているのは・・・

やっぱり 宇宙人のテクノロジーに寄るものが ほとんどなんです。

エジプトのピラミッドもそうですね。

これは レプティリアンが作ったんだけど・・・


でも 人間の中にも念動力が得意な人もいて、石を増幅装置として使い

大きな岩も 簡単にやまの上まで運ぶこともあったので、

全部が 宇宙人の仕事とは言えないですけどね。


縄文時代に重力を操作していたとは 誰も思わないでしょうね(笑)


で、今日は 縄文時代の初期の生活についてですが、

岩穴 洞窟にすんでいたそうです。

縄文人は 自然と調和することを望む人々だから

自然を壊して 

自分たちのために利用するという意識はありませんでした。

自然に もともとあった洞窟などを自分たちの住みやすいように

少しだけ手を加えて住んでいたのです。

何十人かのグループで生活していたので 

結構広い空間が必要だったみたい・・・

波動のいい場所を選び 自然の風をうまく利用し 快適な空間を

作っていたのです。

自然のエアコンですねぇ~~。

光も 自然採光の技術もあり 中は明るく保たれていました。


この縄文時代の初期の頃は 気候は穏やかで

四季が現在よりもう少しはっきりしていて 

でも夏は暑すぎず 冬は寒すぎず 春と秋の穏やかな季節が

長かったみたいです。


衣服は 麻で作った着物。

上着は 頭からかぶって 腰のあたりで紐で軽く縛る感じ?

下は ズボンのようなものも 着ていた。

生成りで そんな派手な色は使っていない。

しかし 個人の好みで自由に色を付ける人もいたらしいです。


とても 清潔だったそうです。

よく川で洗濯していました。

そんなに脂肪分を食べないので 

身体からもそんなに油分が出ないし、

空気もきれいだったので べとべとした汚れはつかないから、

水で さっと洗うだけでよかったのです。


食事は テラ(地球)から 与えられていた自然な作物・・・

木の実 野菜 果物 魚 貝 などなど

あ、お米も食べていみたいです。古代米 っていうやつ!


基本的には肉類は 食べていなかった。

まぁ、環境によって山の奥深くに住んでいた人の中には

小動物(ウサギ、タヌキ など)、

鳥を食べていた人も少しはいたみたいです。


磨製石器は 調理のための道具だった。

土器は それはとても上手に作っていた・・

と さくやさんは褒めています。

土器は 煮炊きに使っていたもので 

保存、貯蔵することはなかったのです。

火は 常に種火を燃やしていました。

自然にしみだす石油のようなものを使っていました。

土器を 作るにもかなりの火力が必要だったそうです。


テラから自然に与えられた作物を必要な分だけ使い

食べた後は また自然に戻す・・という生活スタイルですね。

この時代 鉄もあったそうですが 縄文人は鉄が嫌いだった。

だから 自然の石をうまく利用したのです。




読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がり、

トップ 10入りすることが出来ました!

そして たくさんの新しい読者の皆様の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日も応援 よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す




テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文時代は 超ハイテク!

今日の 破・常識!


縄文時代・・・消された真実!


テラ(地球)が見ていた 日本の歴史の真実! 10


縄文時代から弥生時代へのアウトラインをお話しましたが、

所有する・・という意識について 理解していただけましたか?

これについては この先 詳しく具体的に説明していきますね。


今日は 縄文時代について私達に知られたくない

秘密の話をお伝えしま~~す。

・・と、その前に 縄文時代の初期、

約1万2000年前頃から始まった・・

ということにしておきます。


3次元の地球内部から日本列島に戻ってきた

ムーの波動を受け継ぐ人々・・・

これから縄文人と呼びます。

帰ってきた縄文人は 約1万人です。

そして 小さいグループで50~80人

大きいグループで 100~150人が 

日本列島の約100か所の土地に

散らばり 生活を始めました。

その100か所とは?

日本列島は 龍を形作っています。

その龍の背骨 手 足 しっぽ に当たる場所の

100か所ということです。


さて、縄文時代の秘密の話とは?

現在では想像もつかないほど 

ハイテクノロジーを使っていたということなのです。


まず 石を使っていた・・ということ。

この石とは 自然石。

ごつごつした自然の石を使って 

高次元の存在(ドラコニアン 水棲龍族)と

交信していました。

普段 ドラコニアンは 宇宙船の母船に乗っていたのですが、

縄文人が話したくなると 自然石を使って話をしていたそうです。

ちょうど 携帯電話みたいに・・・ただ 自然石に触れるだけで

話ができました。

石は 波動の増幅装置なのです。

ムーの時代には クリスタルを使ってましたよね。


で、さくやさんに 

縄文人たちとどんな話をしてたの?って、聞いたら

普通の会話よ・・だって(笑)


今 私とかミナミさんが さくやさんとしゃべってるみたいに

気さくに友達として話してたらしいです。

「この前 作った果物 すっぱかったんだけど 

甘くするには どうしたらいいの?」・・・とか、・・・


みんなで 収穫を祝ってるときなど 呼ばれて一緒に楽しんだり、

してたんだって!


山の上に 自然石の大きいのがあったりしたんだけど

鏡石と呼ばれているのかな!

それは 何に使っていたのか?


山は ピラミッドの役目をしていたのです。

ピラミッドとは、ボルテックス(光の渦)エネルギーを

宇宙から受け取り テラ(地球)に流す役割。

また フリーエネルギーを作る装置。

あと 宇宙船の発着地でもありました。

縄文時代 普通に宇宙船 飛んでたらしいですよ(笑)


それぞれの山を 波動(エネルギー)でつなぎ

光の通信網をつくり テラ(地球)の波動を上げるための

装置として使っていたそうです。


あと ストーンサークルの遺跡が残されているんだけど・・・

これについても教えてもらいました。


※ 日本のストーンサークル

環状列石は、長径30~40メートルの隅丸方形に配石した遺構である。

一番外側に、二重・三重に川原石を環に並べた「外帯」と、

多くの場合、その中心に「内帯」がある。

「内帯」の内側は、直径5メートル内外の方形

または円形の広場ができている。

これらの配石の下に墓穴があったり、

石列の間に土器棺があることが多い。

そして、環になっている石の一部が途切れ、

幅2~3メートルの通路ができ、

両側に石が並び外に続いている。(Wikipedia より)


このストーンサークル・・・

世界的にも これはお墓である という説明がされていますが・・・


ちがうわよ・・だって!

実は テレポーテーション用の”駅”だったそうです。

例えば  神奈川のストーンサークルから 

秋田のストーンサークルに移動するみたいな・・・

各地のストーンサークルへ

自由に一瞬でテレポーテーションしてたのです。


まぁ こんな感じで 

縄文時代がいかにハイテクを使った時代だったか

わかってもらえましたか?

こんな時代があったなんて・・・

教科書には載ってないことばっかり・・・


そりゃ 真実を闇に葬りたくなりますよね(笑)



読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がり、

トップ 10入りすることが出来ました!

そして たくさんの新しい読者の皆様の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日も応援 よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す













テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文時代の謎!

今日の 破・常識!

現代社会は 縄文時代の真実を知ることから始まる!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 9


30年ぶりに日本史を調べてみましたぁ~~!

私、小さいころから歴史の勉強?するのが

大好きだったんですぅ~~

30年前 共通一次試験っていうのがあって 日本史だけは、

日本最高の大学・・といわれているところに行ける実力?が

あったのですよ← ちょっと自慢^^

ほかの学科は (涙)、(涙) Y(>_<、)Y

いやいや 小学校から高校までの間に詰め込んだ日本の歴史が

無駄な知識が・・こんなところで役に立つなんて・・・

支配者側によって勝手に都合よく作られた歴史の知識と、

さくやさんから教えてもらった真実を 

しっかりと比べることができるんですぅ~~

これは 最高の喜び! 嬉しいです!



・・・と、いうことで

私達は小学校から 日本の歴史の教育を受けてきましたが、

その始まりは 縄文時代からですよね。

それも 約1万年ほど続いた時代なのに 

教科書の最初のほんの2,3ページで

終わって、弥生時代が始まるころから 

詳しい内容を勉強するみたいな・・・



簡単に流れを・・・

イノシシ や 鹿 を狩り、その肉を食べ、

また 木の実 そして 魚や貝を食べていた

狩猟 漁猟 採集の時代。



竪穴式住居に 4,5人のグループで生活し、

魔除けや 獲物獲得 家族の繁栄を主に祈り

その時 女性を形作った土偶を使った・・と、

そういう原始人みたいな生活をしていた縄文時代の終わりに

大陸から稲作が伝わり 

弥生時代に本格的な水田が作られるようになったと・・


そして 弥生時代に 人間的な暮らしが始まった・・・

みたいなニュアンスで教えられてきましたよね。

そうです! まず この認識こそ 

真実の歴史を 闇に葬ることなんです!



私は これまで ムーの文明とアトランティス文明について

お話してきました。

これから 私たちの真実の 日本の歴史を理解する上に

どうしても欠かせない、

そして 確実に理解しておかなければならない

この2つの文明、それぞれの波動(エネルギー)・・・



日本の真実の歴史は ムーの波動と アトランティスの波動の

せめぎあいの歴史なのです。


そして 弥生時代に大陸から伝わったもの・・・

それは アトランティスの波動が 

ムーの波動を持つ日本列島に 侵入してきた・・・

ということです。


以前 ムーの波動を受け継ぐ人々が 3次元の地球、

日本列島に戻ってきた・・とお話しました。

彼らが 作った時代が 縄文時代なのです。

そして 約1万年の間に 日本列島に大陸のほうから

アトランティスの波動を受け継ぐ人々が少しづつ侵入し

日本列島の波動が下がりはじめ、

日本列島の人々は 縄文の終わりから 弥生の初めにかけて

意識を大きく変えられてしまったのです。


その意識とは?



所有する・・という意識!



これによって 日本の歴史は大きく変わり

現代社会へと続いてきたのです。



読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がり、

トップ 10入りすることが出来ました!

そして たくさんの新しい読者の皆様の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

感謝の気持ちでいっぱいです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日もよろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す

 




テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

テラが経験してきたポールシフト!

今日の 破・常識!

帰ってきたムーの波動を受け継ぐ 人間たち!


テラ(地球)が見ていた 日本の歴史の真実! 8


テラ(地球)は 現在までに多くの困難を経験しています。

とにかく 一番傷ついたのは 

ムー・アトランティス時代にテラの精神体に

核兵器を放射し テラが膨張し 大陸が割れ 

地軸が傾いたことです。

ヒーリングに一億年かかりました。


また 隕石が落下し 地上の生物が絶滅もしました。

これは 10年間くらいで収まりましたが、

恐竜も絶滅してしまいました。

そして 最近でも いろいろなところで取り上げられている 

ポールシフト・・・も、何度も経験しています。


ポールシフト・・って?

私は よくわからないので インターネットで 

ポールシフトについて 調べてみました・・・

が、なんだか よくわかりません(汗)

納得できない・・と言うか、

腹に落ちない・・と言うか・・・

それで さくやさんにわかりやすく説明して・・って

頼んだら教えてくれました。


ポールシフトは 何種類かパターンがあって 


1 磁極(N極、S極)だけが 一瞬で180°入れ替わる・・・


  地球の物体はそのままで 

  磁極だけが行って来いするパターン


2 地球そのものが ごろんと360°一回転するパターン


3 地球の周りのエネルギー体だけが 

  ごろんと360°一回転するパターン


  で、3のパターンは 物体としての地球には 
  
  あまり影響はありません。


1 のパターンは 目に見えるような 

大きな影響はないそうです。


問題は 2のパターンなんですが、

これは 地球がごろんと一回転するということで

土地が最初に動くことで そのあと海が急激に動くことになり

大きな津波が起こり 大陸が洪水に襲われます。

それによって 地球上の生命に 大きな被害が出ます。


ちなみに ○○の箱舟の話なんかは 

これを経験したアトランティスの人間たちが

作った話が 伝説となったものです。


では このポールシフトが起こる原因は 何なのか?


それは テラ(地球)の地軸が傾いたからなんです。

地軸がまっすぐの時は バランスが取れていて安定していたから

太陽の磁場や他の惑星の引力を受けても 全然大丈夫!

受け流すことができ 地球に影響はなかったのです。

しかし 地軸が傾いてしまったことにより 

磁場や引力をまともに受け

地球上に大きな被害が出るようになりました。

他の要因もありますが 惑星が 直列する時などは 

特に影響が大きいんだそうです。

地球上に大きな災害をもたらした ポールシフトも現在までに

何度もテラは経験しています。


恐竜が絶滅した後にも 三回ほどポールシフトが起こり 

そのたびに 地球上の生物の生命が

絶滅の危機にさらされました。

そして ドラコニアン(水棲龍族)たちは 

ポールシフトが起こることがわかると

ムーの波動を受け継ぐ人間たちを 

地球内部の3次元世界で保護していたのです。


そして 日本の歴史でいう 縄文時代のはじまるころ 

またまた レプティリアンが地球上に戻ってきていて

アトランティス文明を受け継ぐ ピラミッド社会を作り上げ

地球の波動を下げていたのです。


地球の波動のバランスを取るために 

ムーの波動を受け継いだ人間たちは 

地球内部 3次元の世界から自分たちの意志で 

地球上の3次元の世界へ戻ってきました。


ムーの波動を受け継ぐ

日本列島に戻ったのです。

そして 

日本と言う国の歴史が 新たに始まるのです!



読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がり、

トップ 10入りすることが出来ました!

そして たくさんの新しい読者の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

感謝の気持ちでいっぱいです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日もよろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す

 




テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

真実の歴史をひも解くために!

今日の 破・常識!

ムーの波動を受け継ぐ人間たち!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実!7


今日は 旅を先へ進めるために 確実に抑えておきたい情報・・・

過去6回の話の中から 補足して私が必要だと思うことを 

お話ししますね。


ムー大陸の話から・・・同じレプティリアンが作った人間たちなのに

どうしてムーの文明とアトランティス文明と言う

二つの文明が存在したのか?


レプティリアンは アトランティス文明を作ったあとから 

だんだんディセンドした・・と言う話はしましたね。

その波動が下がったことにより テラ(地球)の波動に影響が出て

波動のバランスを取るために 

ドラコニアン(水棲 龍族)が地球にやってきたのです。

そして レプティリアンは 人間のDNAを操作し 

自分達の都合のいい労働力として DNAをズタズタに切り 

超感覚の部分をなくしてしまったのです。


しかし 時間がたつにつれ DNAを切られた人間たちの中で

DNAが再生し 超感覚を思い出す人間も現れました。

その人間達は アトランティス文明の中では 

問題児として扱われちゃったんですねぇ~~

現在の社会中での 私みたいなもんですねぇ~~ガハハ爆笑


ドラコニアンたちは レプティリアンたちに

何度となく話し合いの機会を作り

恐怖での支配や 人間への扱いについて 何度も言ったのですが、

まったく聞く耳を持ちませんでした。

それで そのアトランティス文明には 

合わない人間たちを連れて 別の場所に

ドラコニアンたちがガイドとなり 

愛と調和の世界をつくることにしたのです。

そうやって 愛と調和のムーの文明が生まれ 

やがて6000~7000万人の人間が

暮らすムー大陸が誕生したのです。


これは テラ(地球)自身が 波動のバランスを取るために

ドラコニアンに要請したことなのです!

そして ムー大陸で話されていた言語のことなんですが、

人間同士のコミュニケーションは 

平たく 長い音の言語を使っていたことを

お話ししました。

例として ちょっと書いたのですが、

その時はイメージがよくわからなくて

あんな風に表現しちゃいましたが(汗)・・



若いチャネラーのブログ 「フラで ふらふら」 の中で、

少しわかりやすい説明がありましたので ご紹介します。



<転載開始>

Aloha~なハワイには素敵な言葉がたくさん!

いや、最近「アロハの贈り物」という本を買いまして!

なんか惹かれた!!!( ´艸`)

買ってみるとあらびっくり!

心がポカポカするような言葉が多い!!!

特に

Aloha mai no, aloha aku;

o ka huhu ka mea e ola 'ole ai.


日本語に訳すると

『愛をもらったら、愛を返そう。怒りは何も生み出さない』


そのとおり~~~~~!!!ヾ(@°▽°@)ノ

また、アロハの言葉で書いてあるのがいいんだよな・・・!

そんなことを思ってたらくくりさんが・・・・


「ハワイの人たちはムー系の人間なのよ。

ムーっていうのはあなたたちでいう大昔に沈んだ大陸のこと。

名前くらいは知ってるんじゃないかしら?

ムーとアトランティス。この二つの文化があったわ。

ムーもアトランティスも

都市伝説として扱われているようだけどそんなことないわ。

このふたつを勉強しなさい、

今の社会がどれだけ嘘で満ちているか知らされることになるわ。

そして、アトランティス文明のようになりつつあることも・・・・。

気を付けてください、

いつもあなたのそばにいます、愛を送ります。」


ありがとうございます、くくりさん!久しぶりでした!(笑)

私からも愛と光を送ります!(迷惑って送り返さないでね!!(笑)


とここでさくやさんが!


「日本人がハワイ好きなのは

きっと流れてる波動が同じだからなんでしょうねぇ・・・(笑)

今の日本は洗脳されてるわ!(・・;)

ムー大陸の子孫である

日本の波動を下げようとしている存在がいるの!

まんまとはまちゃってたりしてるのね・・・( ̄Д ̄;;

日本人の多くがハワイに行きたいと思うのは、

ハワイもムー大陸の子孫だから!

仕事やらなんやらできりきりしていた精神を

同じムー大陸の波動のところにいって、

きりきりしたのをリセットしたがるのね!

本能みたいなもので(笑)


ハワイの言葉は日本語のエネルギーにそっくりだわ!

あろ~~~は!なんてね!o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

ありがとう、あなたたちを愛してるわ!」


ありがとうさくやさん!私も愛してるよ~♪あろ~~~~は!♪


にしても、くくりさんと全然エネルギーが違うわ(笑)




         <転載終了>

読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がってきています。

トップ 10 入りも夢ではないかも!

そして たくさんの新しい読者の目にふれることが

できるようになってきました。

本当に嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日もよろしくお願いいたします!

トップ10に入れたら、皆で一緒に歓びましようね!


芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す

 


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

”恐竜誕生の謎” その真実!

今日の 破・常識!


歴史の認識を大きく変える時!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 6


たった今 さくやさんとの話が終わり 私の旅の方向が決まりました!

イヤぁ~~もう 大変(((( ;°Д°))))

5次元の存在であるさくやさんと 3次元にいる私の認識を

一致させるのには 難しい問題がたくさんあることが 

わかっちゃいましたぁ~~よ!

今日は 久々に 超アルレロ~~~(ノ゚ο゚)ノ


先ず 5次元の存在である さくやさんには時間と空間の認識が無く

次元を自由に行ったり来たり出来るので 

歴史の説明をするのに 私たちが使っている歴史の年代 と言うものが

非常に壁になっている・・と言うこと。


ここで 面白い話を・・・

最近 TVで放映されたらしいんですが、

アルゼンチンにある「イスチグアラスト州立公園 と 

タランパヤ国立公園」で初期の恐竜化石が見つかり、

”恐竜誕生の地”でないかと注目されているらしいけど・・・

その話を さくやさんに聞いてみたら・・・

「レプティリアンたちには どんなことだって出来るのよ!」 だって。

次元の扉を使って 恐竜の化石を持っていき 埋めることだって

自由に出来るらしい。

と言うことは 年代なんて自由に操作できるんです。

だから レプティリアンは 

自分たちの都合のいいように発掘してほしい年代の地層から、

なんでも好きな化石を出すことが出来るんです。

あなたも もうお分かりでしょう!

歴史の年代なんて 自由に変えることが出来ちゃうんです!

だから 今日のさくやさんとの話し合いの結果 

年代は無視することにしました。

下手に年代にこだわると 

それに対しいろんな疑問や意見が出てくることになり

本来私たちが 本当に認識しなければならない歴史の真実に

たどり着かなくなるのです。



レプティリアンは 私たち3次元の人間には想像できない現代の科学で

証明できないことを 簡単にやってしまう存在だということを

私たちは 改めて認識しなければならないのです。


・・と言うことで、

まず、テラ(地球)が膨張し 一つの大陸が分かれたとき

すべての命が絶滅したと話しましたが・・・

実は  一部のムーの人々が 水棲龍族によって

地球内部の3次元に保護されました。

同じ3次元のテラの中に 3次元の世界がある・・と言うことは

ちょっと理解しずらいかもしれませんが 一応話しておきます。


一方 レプティリアンはアトランティスの人々をそのまま残し

自分たちは4次元へと避難しました。

テラ(地球)上にいた 生物は絶滅しました。

・・が、微生物や植物の種は 

世界中に流されましたが、生き残ったのです。


テラ(地球)がヒーリングを受け 眠っていた約1億年の間に

また それぞれ進化していったのです。

種は 植物へ、そして森林へと・・・

微生物は プランクトン 

そして 魚へ 両生類、爬虫類へと進化したのです。


しかし 哺乳類は決して両生類から進化したものではないことを

ここではっきりと言っておきます。(この話は また別の機会に・・)

そのように テラがヒーリングを受けている間に爬虫類が誕生しました。


ちょうどその頃 

レプティリアンがまたまた3次元の地球にやってきたのです。

前回 自分たちが作った人間の暴走という経験から、

今度は 自分たちに近い爬虫類のDNAを操作して・・・誕生したのです。



そうです! 恐竜は 

レプティリアンのDNA操作で作られた生き物なのです。


では 何のために恐竜を作ったのか?

先ず レプティリアンが好む 恐怖のエネルギーを作り出すため、

恐竜にもレプティリアンたちと同じくらい冷たい感情がありました。

だから 恐怖のエネルギーを作り出すことに期待していたのです。

そして わずかに労働力としても期待していたみたいです。

レプティリアンは DNA操作して作った恐竜を地球上に誕生させ

しばらくの間 自分たちは地球上から離れ 別の次元へ行き

恐竜の繁殖を待っていたのです。

ある期間を経て レプティリアンが地球に戻ってみると・・・


あれ? あれ? あれ?


恐竜は思いっきり繁殖していたのですが・・・

レプティリアンの想定外のことが・・・

なんで? 

こんな 大きな生物になっちゃったの~~?・・てな感じ(笑)


レプティリアンは DNA操作の際 

アトランティスの時代と地球の重力が

違っていたのを見落としてのでしたぁ~~

計算ミスっちゃいました(笑)

今回も 大失敗!


でも 作っちゃったものはしょうがないかぁ~、

くらいの感じだったみたいです。

それに 恐竜は知性が人間よりもかなり低かったことにも

失望したようです。

ダメだ こりゃ・・って!

勝手に創られた恐竜こそ いい迷惑ですわ(怒)


そんなこんなで レプティリアンは

再度人間を創ることにしました。

アトランティスから避難した際に 

宇宙船の実験室に保管してあった

種・・と言うか 受精卵を使いました。

だから 恐竜が生きている間に

人間も同時に生きた時代がありました。

100万年くらいは あったみたいですよ。

この時の 人間の大きさは 

身長約180cm ~ 200cm 位で

大き目だったみたいです。

ちなみに ムーの時代の人間は 

約150cm~160cm 位だったそうです。


恐竜の絶滅の謎に参りましょう・・

現在 いろんな意見が出ているみたいですが、

隕石衝突説が真実です。

また 隕石が衝突したことにより 

ウイルスが蔓延したのも真実です。

隕石の衝突により 地球の周りに 厚い土埃の層の幕が出来き

太陽の光と熱がさえぎられた結果 植物や動物が生きられなくなり 

また ウイルスの蔓延により

恐竜が絶滅したのです。


この新しいブログを立ち上げて、

今日は、7回目の記事になります。

読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がってきています。

そして 新しい読者の目にふれることが

できるようになってきました。

本当に嬉しいです。ありがとうございます!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日もよろしくお願いいたします!


芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す

 



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

日本列島の形・・・その意味!

今日の 破・常識!


日本列島の 土地の波動(エネルギー)が、世界に行き渡る!


テラ(地球)が見ていた 日本の歴史の真実! 5

テラが 一億年の眠りから目覚める間

高次元のヒーリングを受けていた際に テラから 

さくやさんたち(水棲龍族)

に相談したことがありました。

その相談とは?・・・・

私(テラ)の波動を上げるために手伝ってもらえませんか?・・

ということでした。

さくやさんたちは その相談を受け入れました。

そのためにテラ(地球)の どこかに ムー大陸の波動を受け継ぐ 

土地を作ってもらえないか・・と、

そして その土地が 水棲龍族の波動を持つ土地だというしるしを

形として 残してほしい・・と、

その土地が テラ(地球)の エネルギーの集約の場所となり

そこに 光の波動(エネルギー)を流すことで テラ全体に、

全世界に その波動(エネルギー)が 行き渡るように 

エネルギーライン(人間の身体でいう 経絡)を 作ってほしいと・・・


テラは その相談された内容を すべて受け入れ 

テラの中心となる 拠点の土地を定めたのです。


その拠点こそ 私たちの日本列島なのです!


一億3千万年前に テラ(地球)のスピリット(精神体)に

クリスタルを使って 核エネルギーが放射され テラが膨張し

大陸が分かれたとき・・・(2、3日の間に)

大体現在の地球の形になったとお話ししましたが、

それでも 完全に現在の形になったわけではありません。


日本列島に関していえば・・・

その時は、南北に連なる長細い土地の塊にすぎず、

大陸から まだそんなに離れていませんでした。

そして 今の九州の 福岡、長崎県あたりは 

大陸とわずかにつながっていたのです。


大陸移動説・・と言うのもあるらしいですが 

確かに少しずつ動いてはいるようです。

ただ 長期間かけて 今の形になったのではなく 2,3日で

ほぼ 現在の形が大まかに出来 それ以後 少しずつ大陸が移動し

現在の世界の形になったのです。


そして テラ(地球)の意志により 

意図的に日本列島が作られたのです。



o0454064012561660520.jpg
出典 blog-imgs-31.fc2.com



世界のひな形である日本・・・

と言う説を みなさんのほとんどがご存じだと思います。

私も 少しインターネットで調べてみましたが、

さくやさんの話では 少し違っているようなので 

それを紹介したいと思います。


北海道・・・北米大陸 と 南米大陸の二つを合わせたもの


本州・・・ユーラシア大陸 と ヨーロッパ大陸


四国・・・オーストラリア大陸


九州・・・アフリカ大陸


そして 沖縄が 日本である。


この説は いろんなブログに書いてありましたが・・・

実は 台湾も日本に当たるらしいです。

これには ちょっとびっくりでした。

沖縄から 台湾にかけてが 日本列島に当たると

さくやさんは言ってます。

台湾については ここでは詳しく触れないで また別の機会に

お話ししようと思います。

とにかく 日本列島が世界のひな形であるのは 間違いありません。

そして 水棲龍族の波動を持つしるしとして 龍の形に作られ

世界のエネルギーポイントになっているのです。


これらは テラ(地球)の意志で 意図され 

現在の日本が存在しているのです。


この話を理解できれば 現在 よく耳にする 


何故 日本が世界を変えていくための重要な国なのか・・・

わかってくると思います。

また何故 日本の、日本国民の波動を下げようと 

支配者が目論むのか!

そして 日本の中でも沖縄が 歴史的に見ても なぜこれほど 辛く

苦しい 立場で多くの経験をしなければいけないのか!


日本国民の波動が上がり その光の波動(エネルギー)が、

世界に行きわたることを 怖れるものが

確実に存在しているということなのです!


この新しいブログを立ち上げて、

今日は、7回目の記事になります。

読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキングがぐんぐん上がってきています。

そして 新しい読者の目にふれることが

できるようになってきました。

本当に嬉しいです。ありがとうございます!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

、今日もよろしくお願いいたします!


芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す

 

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ