ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

一番大切なものbyアシュタール

今日の破・常識!




あなたがあなたでいることが、一番大切・・・らしい(笑)




今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!


===============================================


いや、しかし・・今までの私たちは・・・

どれだけ狭い波動領域の檻に入れられてきたんでしょうね?

とにかくセルフイメージが低すぎます!

自分は、たいした人間じゃない・・私、なんか・・・

この年齢だから・・・始めたのが遅かったから・・・

学歴がないから・・・肩書きがないから・・・

他者と比べると、私の感覚なんか・・・

私の表現なんか、だれも感動しない・・・みたいな


かなり長い時間をかけて、刷り込まれてしまった

常識・価値観・物の見方・考え方を手放すことは

今までの自分が崩れていくみたいで不安になるでしょう。

しかし、このまま我慢の現実の中でいいんでしょうか?


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

わたしは、いつもあなたに手放してください・・と言います。

手放せば軽くなります・・と!

でも一つだけ絶対に手放さないでいただきたいものがあります。


それは

 あなたが あなたでいる(あなた自身の尊厳)・・ということです。


これを手放してしまったら、あなたがいなくなってしまいます。

わかりますか?

あなたがあなたでいるためにすべてを手放すのです。

わかりますか?

生きるために あなたがあなたであることを手放さないでください。

わかりますか?


マインドは、恐怖と利益であなたであることを手放そうとささやきます。

あなたが不快に思っても、ここで我慢すれば、いい待遇を得られる・・

と、甘い言葉をささやきます。


ここで自分の意見を主張すれば社会的に抹殺されるよ・・

だから生きていくためには黙るしかないよ・・と脅します。

このささやきを受け入れてしまうと 

あなたがあなたでいられなくなってしまうのです。


一番大切なものをとても軽く手放してしまっていませんか?


あなたは、ただ生きる(生存する)ためだけに、ここにいるのですか?

あなたがあなたであることを手放して生きることに

何の幸せがあるんですか?


あなたがあなたでいるために何が必要ですか?

これだけは自分でいるために決して譲ることはできない・・という 

確固としたものがありますか?

もう一度、あなた自身に聞いてみてください。

あなたがあなたでいるためにすべてを手放してください。

恐怖、不安、エゴ的な利益、プライド・・・など!

それを守るために あなたの一番大切な 

あなたでいることを手放すのは、おかしなことです。


それらを手放すことが出来れば 

あなたは、あなたでいられるのです。

もう一度言います。

何よりも あなたがあなたでいることが一番大切なことなのです。


あなたがあなたでいるためには、ハートの声に耳を傾けてください。

ハートが違う・・と違和感を感じることを無視しないでください。

ハートが何かが違う・・ということは、やらない・・と決めてください。

それが、あなたがあなたでいる・・ということです。


もう一度思い出してください。

何のために あなたはここにいるのですか?

生きるためだけにいるのですか?

あなたがあなたでいるために・・・

あなたを自由に表現するために ここにいるのではないのですか?


ただ生きるためだけに生きないでください。

あなたがあなたでいることを決して手放さないでください。

私たちは、常にあなたと共にいます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」




ありがとう アシュタール!


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!




「2017 身体を持って次の次元へ行く」 in  大阪



 3月 25日(土)  ワークショップ ステージ1  (満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

            破・常識トークしてみるぅ~~  (満席御礼)
                 14:00~18:00 (¥15000+消費税)
                 

    26日(日)  ワークショップ ステージ2 (満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

            ワークショップステージ3
                 14:00~18:00 (¥20000+消費税)


 ステージ 1 ¥15000 + 消費税 (定員 15名)

     ☆ 波動(エネルギー)とは? 破・常識セミナー

     ☆ 波動(エネルギー)を 実際に感じ・使ってみる 

               エネルギーワーク

               松果体ワーク


                  
 ステージ 2 ¥15000 + 消費税(定員 15名)

   ステージ1の続きになりますので これまでに 

   ステージ1を受けられた方のみのワークショップになります

    ☆ 一体呼吸瞑想法

    ☆ テラフィールド瞑想法


    ☆ 破・常識 ぶっ飛びトーク・シヨウ


ステージ3 ¥20000+消費税(定員 15名)

「パラレルワールドを移行する」~波動を使いこなし、波動使いになる~



    ☆ 破・常識セミナー

             ・魔法使い、陰陽師、波動使い について。

             ・人間の本来の能力(超感覚)について


    ☆ 体験ワークショップ


             ・感覚を研ぎ澄ますためのリラックス法


             ・対立と調和 コントロールの
              エネルギーの違いの体験。

             
             ・重い波動(エネルギー)から身を守るツール 

              光の壁をつくる方法 


    ☆ 破・常識 ぶっ飛びトークシヨウ!

            

破・常識トークしてみるぅ~~ ¥15000+消費税(定員 20名)


             アシュタールライブトークセッションとは

             また一味も二味も違う面白いプログラムです。

             アシュタールがしゃべり、さくやさんもしゃべり、

             あつしもしゃべり、ミナミもしゃべる。

             どんな話が飛び出すかは・・ご参加いただいた

             みなさま次第だという怖ろしい企画です(爆)



詳しい内容は 超次元サロン Muu を ご覧ください。

○ ステージ1のみのご参加でも 可能です。

○ 申し訳ございませんが・・ワークショップ ステージ3は、

  ステージ1、2にご参加頂いた方のステップアップの

  プログラムになります^^;

○ ワークショップに関係なく 破・常識トークしてみる~は

  どなたでもご参加可能です。


○ 仮予約いただいたのち 参加費のお振込み確認により 

  予約確定とさせていただきます。

○ キャンセル料は 1週間前より ¥5400になります。

  当日キャンセルの場合は、全額キャンセル料とさせていただきます。

○ 会場:大阪研修センター 阪急十三駅 徒歩5分

○ お申込みは お電話 0466-43-5001 
   もしくは お問い合わせ よりお願いいたします。


○ 仮予約のメールが届かないことが 

  最近多くなっていますので お問い合わせ、お申込みの際に 

必ず ご連絡先お電話番号をお書きください。


頂いたお問い合わせのメールには 
必ず返信させていただいております。
もし何日も返信がない場合は 
お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そしてお問い合わせの際には 
必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでにお申込みいただいた方で 
こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので 
ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は 
こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。
      


スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム