ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

牛王神符・日本第一の真実の意味!

今日の 破・常識!


権力支配の歴史の中で 複雑に絡んでしまった神話と神社!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 91


今日は、まず 熊野の「牛王神符・日本第一」の意味について・・・


熊野牛王 または 宝印神符ともいうらしいですね。

カラス文字で書かれた熊野山独特の御神符です。

熊野本宮大社でも その起源は明らかになっていないみたいです。

カラス文字の数が 三山(本宮 新宮 那智各大社)

それぞれ 異なっています。

このご神符は 鎌倉時代には誓約書となり

江戸時代には起誓文の代わりとして用いられた。

古くから 熊野権現への誓約を破ると 熊野大社の使いであるカラスが

一羽なくなり 本人も血を吐き 地獄に落ちると信じられてきたそうです。

符の中央に 「日本第一」の文字が記されているのですが 

これは 熊野三山が奈良時代に孝謙天皇より

「日本第一霊験所根本熊野三所権現」の

称を奉られたことに由来するとある資料に書いてありました。


まぁ、一般的には このような認識だと思いますが・・・・


と言うことで さくやさんに聞いてみました。

まず 「牛王」なんですが・・・異形のものを表しているそうです。

元々 地球に存在した異次元の者たちのことです。

たとえば 自然霊たち 

木の精 水の精 など 目に見えない存在たちです。

その地球にいた異次元の存在を使いの者として 

使ったのがナーガ(半身蛇族)の宇宙人です。

つまり 宇宙人であるナーガ(半身蛇族)が日本を支配するために

使いの者として使った異次元の存在に

「牛王」と名づけたということです。



次に 「日本第一」なんですが・・・

これは ナーガ(半身蛇族)が日本を支配する時に 

人々に 尊敬される特別な存在としての”神”を作りたかったのです。


そのために 「古事記」「日本書紀」を自分たちの都合のいいように

創作して 結局 日本の権力支配者として 現人神を作ったのです。

神(ナーガ)と 人との間に生まれた存在を 現人神とし、

その神(宇宙人 ナーガ)の高貴な血を引く現人神が 神の代理として

人々を導く存在であると 刷り込んでいったのです。

そして その現人神が世界の始まりとし 

日本の現人神が世界の支配者になるとしたのです。

そうすることで 人々に高貴な特別な存在として 

尊敬するよう仕向けたのです。

「日本第一」には そういう意味が込められているそうですよ。


ちなみに ナーガは 宇宙人を神にして 

尊敬する存在に仕立て上げましたが、

レプティリアン(爬虫類人)は 

神を恐怖の存在として人々が怖れるように仕向け 

支配していったのです。


これが 西洋文化の神(レプティリアン)と 

東洋文化の神(ナーガ)の違いなのです。


次に 「ニギハヤヒ セオリツヒメ」について・・・


ニギハヤヒ セオリツヒメ は、さくやさんと同じ 

5次元の存在で仲間なんですよ

ドラコニアン(水棲龍族)です。

ただ 「古事記」「日本書紀」に書かれているのは 

何度も言いますが ナーガ(半身蛇族)が日本を支配するために 

都合のいいようにでっち上げて創作したものなので 

そこに書かれてある神話は全くのデタラメです。

そこを踏まえて・・・江戸時代の人々は 

縄文人たちに近い感覚があったので

自然の物すべて 山 海 川 木 石 などに 

それぞれ魂が宿っていることを認識していました。

だから それぞれに 尊敬の念を持っていたのです。

もちろん ニギハヤヒ セオリツヒメ と言う存在に対しても 

尊敬はしていましたが

決して 現在みたいな 神様と言う認識は持っていなかったのです。



徳川家康は、世良田二郎三郎が

途中で入れ替わったという説について・・・


事実じゃないみたいですよ・・

徳川家康は 生まれてから死ぬまで

誰とも入れ替わってはいないそうです。




人気ブログランキング 

トップ 10 内に戻れました!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、


今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

新しい読者の皆様、このブログの記事を読んで

ハートに響く 何かがありましたら

応援ポチ、どうぞよろしくお願いいたします。

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< いよいよ江戸時代から明治維新へ! | ホーム | 傾奇者・前田慶次の本当の顔! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム