M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

今 はじめて明かされる 明治維新の真実!

今日の 破・常識!


日本列島は 外国からいつの時代も狙われている!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 93


新シリーズ 今 はじめて明かされる 明治維新の真実!


明治維新・・・

江戸幕府に対する 討幕運動から明治政府による

天皇親政体制の転換と それに伴う一連の改革を言う

その範囲は 中央官制 法制 宮廷 身分制 地方行政 金融

流通 産業 経済 文化 教育 外交 宗教 思想政策 など

多岐に及び 日本を東アジアで最初の西洋的国民国家体制を有する

近代国家へと変貌させた。(Wikipedia より)


ナ~~ンてね・・

資料には いかにも明治維新により江戸幕府の封建的な国から

西洋的な近代国家に変わり 日本は世界の仲間入りしてよかったね・・・

みたいな表現になっていますが・・皆さんは どうお思いでしょうか?


ま、これまでの教育やその他 本 テレビ 映画 などの刷り込みにより

「そうなんだぁ~~、おかげで日本も進歩したよねぇ~~」な~~んて

思っていませんか?


江戸後期から 明治にかけて 改革のヒーローたちが大勢誕生して

特別な思い入れのある時代として

認識されている方々も多いと思います。


私は 権力支配層による都合のいい歴史認識の常識を破っていき

皆さんに真実をお伝えしていこうと思っています。

これまでの常識にとらわれて 私の記事を読むと う~~ん、怒りが

こみあげてくることがあるかもしれませんよ(汗)

が、あえて私はチャレンジします! 


と言うことで どこからお話ししようか ずいぶん悩んだんです。

基本的に 1853年に アメリカのペリーが軍艦4隻を率いて 浦賀に

入港し 開国を求めた・・・と言う事件から 開国か 鎖国か で

国内は揺れ動き この事件をきっかけに

明治維新へと時代は流れていった・・

みたいな認識が一般的ですが、果たしてそうなのでしょうか?


私は ペリーの来航以前から 何らかの動き・・西洋の国々による

日本支配しようとする動きがあったのではないかと 思っていたんです。

ペリーが来航し 日本に開国を求める・・そういうチャンスのタイミングを

西洋の国々は狙っていたんじゃないかと・・・

それについて さくやさんに聞いてみました。


西洋の国々 つまりアトランティスの

恐怖による支配の流れを汲むレプティリアン(爬虫類人)が 

支配してきた国々は ムーの波動を受け継ぐ日本と言う国が

目障りでしょうがないのです。

他の国々においては まず宣教師を先遣隊として送り込み 

友人のふりをしながら

原住民の教育や文化、言語を徐々に破壊しつくし 

自分たちの支配下におさめ 植民地としてきたのです。

日本においても 1549年に 

ザビエルが来日してから同じような活動を

繰り返してきたのですが 

織田信長 豊臣秀吉 徳川家康らの意図により

日本を植民地にすることが出来なかったのです。

そして 家康によって 江戸幕府が樹立され弥生時代から続いていた

ナーガ(半身蛇族)系の支配者とも すみ分けることに成功し 

レプティリアン(爬虫類人)系の国々との交流も 長崎の出島に限るという

対応により ムーの波動をうけつぐ縄文時代のような 

愛と調和と平和な時代が

約200年続くことになったのです。


しかし この平和な江戸時代の間にも 

レプティリアン系やナーガ系の人々は

日本を支配するということをあきらめていたわけではなかったのです。

しかし 日本の人たちは 

自分たちの誇りについてぶれない精神性を持っていたため

日本では 他の植民地と同じ手を使っても 

うまくいかないと分かった彼らは

特にレプティリアン系の支配者は 

宣教師ではなく 商人を送り込むという

新しい手を使ったのです。



人気ブログランキング 

トップ 10 内に戻れました!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、


今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

新しい読者の皆様、このブログの記事を読んで

ハートに響く 何かがありましたら

応援ポチ、どうぞよろしくお願いいたします。

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!


スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 開国へ進ませた大坂商人・明治維新の真実!2 | ホーム | いよいよ江戸時代から明治維新へ! >>


コメント

いつも楽しく読ませていただいています♪

「ひふみ神示」などでも、そのような「日本狙い」の歴史については書かれていることなので、明治維新が茶番だったこと(というか、のちの戦争なども・・・基本、歴史の茶番性は知っている人は知っているはず)については知っている人も多いと思います。
坂本竜馬は途中でその真の狙いに気が付いてしまったので暗殺された、という話もなんとなくうなづけます。


その流れでの現代であり、われわれ日本人の魂抜きには九分九里もう成功している状況であり。
まぁ、ひふみ神示的には、ますますの最悪の状況からの「上下グレン」が示唆されていますが。。。今はもうそれも目前とも言えるかと思われますが、これからますますこの国においては、日本国民に対しての政治的な権力からの縛り、圧力は高まっていくことも予想されますし、実際に現在進行形ですよね。。。


ところで、「さくや様(コノハナサクヤ姫様?)」は、ひつくの神様との関係性はおありなのでしょうか???

すみません、ぜんぜん本題とは違う質問ですが。

精神世界、アセンションなどに絡むチャネリング情報的なものは、なんだか受けてのこちらにとっては、なんとなくパッチワークをやっている感覚です。。。
ここではこう言ってる、あそこではこう。
同じ名前の宇宙存在からのチャネリング情報ながらに、「かぶる」ところ、「かぶらない」ところ、さまざまなので。。。

チャネリングできるみなさんが、そのへん連携して精査する・・・それは不可能なことなのでしょうか?

そもそも、ひふみ神示じたいが「トラップ」なのか?
大本教という戦後存在したらしき宗教団体(まさに「チャネリング」教と言える)からの流れの戦争当時のチャネリング本ですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム