ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

自由で豊かな社会byさくや姫

今日の破・常識!




江戸時代は、おすそ分けの文化で

循環のいい楽しい生活をしていた。

いまのわたし達のように孤立して助け合うことも

出来ないような社会よりよほど自由で豊かな社会だった・・・らしい(笑)




今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!



ありがとうございま~~す^0^

おかげさまで 私たちの本の4冊目が出版されます!

題名は・・・「引き寄せの口ぐせ」・・です!






人生ゲームの攻略本です!

今の現実が面白くない、つまらない、

どうにもならない・・と悶々としてるあなた!

そんなあなたに、超おすすめ本で~~す^0^

世の中にある固~い本とは違い、遊び心満載のユル~~い本ですが、

内容は深くぎゅっと詰まってます。


思考が口ぐせになる・・ならば、口ぐせを変えれば思考も変わる!

めっちゃ簡単な方法で、現実を変えていきましょう^0^

子どもにでも理解できる・・を、テーマに簡単に読めるように書きました。

人生ゲームを楽しく攻略したいあなた・・是非お読みくださいね。


書店での発売日は、10月21日ですが・・

Amazonではもう予約できます


3冊目の本の時は、アマゾンで予約しているにも関わらず

なかなか届かない・・とご迷惑をおかけしましたが、

今回はそういうことがないようにします・・と

出版社の社長さんがおっしゃっていましたので、大丈夫だと思います。


みなさま、是非是非 お読みになってくださいね~~~^0^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日は、さくやさんからのメッセージをお伝えします。


「おすそ分け文化をまたはじめれば??

江戸のころの子たちは、おすそ分けでとてもうまくやってたわ。

縄文の子たちは、所有の意識、概念そのものがなかったから、

おすそ分けという考えもなかったの・・ただ、提供し合うだけ。


おすそ分け・・っていうのは、自分の持っているもの(所有物)を

少し差し上げる・・っていう考え方で、所有という

概念的なところからの考え方よね。(物々交換とは違うのよ。

ある意味余ったものを差し上げる的な感じかな)


あなた達もこの所有という概念の社会にいるから、

すぐに縄文の子たちのように、

ただ提供するだけの文化っていうのは、

実現するのにはまだ難しいと思う。

だから、おすそ分けの文化をもう一度はじめればいいんじゃない?


おすそ分けなら、いまでもやってるでしょ?

その文化を大きく広げていけばいいのよ・・

それなら簡単に出来るんじゃない?

そして、おすそ分け文化に慣れてきたら、

今度は提供し合う文化に少しずつ移行していけば、

アシュタールが言ってる”個の時代”を無理せず、

スムーズに創造してけるんじゃないかしら。


おすそ分け・・ちょっと多めに採れたから、ちょっと多めに作ったから・・

だからまわりの人に上げる。

そうやって江戸の子たちは、必要なものを手にしてたわ。

江戸時代も長いから、一概には言えないけどね、

庶民たちはお金なんてほとんど使ってなかったわ。

みんなおすそ分けで生活してたの。

お金とか使い始めたのは、ずいぶん後期になってからよ。

明治になる直前くらいかしら。

お金を使いはじめてから、

みんなの意識がどんどんおかしくなりはじめたわ。

この話になるとまた長くなるから・・話を戻すわね(笑)


たとえば、あなたが陶器を作るのが好きだとするでしょ。

陶器を作ることが好きなんだから、次から次へと作りたくなるじゃない。

家の中は陶器であふれるくらい(笑)・・じゃあ、そのあふれた作品を、

欲しいと思う人、必要としている人におすそ分けすればいいじゃない。

そしたら、またもっと作ることが出来るでしょ。


農作物を作るのが好きな人もそう。

作物が出来るのが楽しくてうれしくて仕方がないって思う人は、

どんどん作ればいいのよ・・そしてたくさん出来たら、

必要としてる人におすそ分けすればいい。


お金のために農作物を作ってると、たくさん出来ても

値段が下がるからって、売らないで廃棄したりするでしょ・・

なんてムダなことをしてるのかしらって思うわ。

その手塩にかけた農作物、みんなにおすそ分けすれば

みんな幸せになるんじゃない?


とにかく、お金のためにする仕事は無駄が多すぎるわ。

江戸の子たちの社会がエコ(循環型で無駄がない)だったのは、

そうやってお金を稼ぐことばかりを考えないで

おすそわけの文化を確立してたから。


循環がいい社会は無駄もないし、

食べることが出来ない人などいなかったわ。

これもまた話がそれちゃうけど、江戸の人たちは

貧しくて食べるにも困る人たちがたくさんいた・・な~~ンて話は

全くのつくり話だからね。封建制度のもと、

江戸の人たちは苦しんでいた・・それを明治維新という

素晴らしい革命が起き、人々は解放され自由になり、豊かになった・・

明治維新バンザイという流れを作るために

江戸時代を悲惨な時代というイメージに作り上げたの。


江戸の子たちは、おすそ分けの文化で

循環のいい楽しい生活をしていたわ。

いまのあなた達のように孤立して助け合うことも

出来ないような社会よりよほど自由で豊かな社会だったのよ。

助け合う・・そんなの当たり前だから、

助け合うなんて考えもなく当たり前にしていた。

手を差し伸べるのが当たり前だから、

手を差し伸べられるのも当たり前。

助けるのも、助けられるのも、当たり前・・わかる? 

助けてもらったから何か恩義に思うなんてこともなかったから、

すごく当たり前に助けを求めることも出来たの。

受け取ることがとても上手だったってこと。

あなた達は、受け取ることがとても下手なの。

だから、循環出来なくて苦しくなるのよ。


もらったら、ありがとうって言って気持ちよく受け取ればいい。

そして、自分が出来ることがあれば他の人にしてあげればいい。

Aさんからしてもらったから、Aさんにお返ししなければいけない・・

な~~ンてことを考えるから循環しないの。

Aさんから何かしたもらったら、今度はBさんに

何か出来ることで手助けすればいいの。

そしたら今度はBさんがCさんに手助けするでしょ。

そしたら、Cさん→Dさん→Eさんって

どんどん手助けしていく輪が出来る。

で、まわりまわってKさんがAさんの手助けをするってことになる。

こうして手助けの輪が循環していくの。

この輪が循環すれば、みんなが豊かになれるってこと。


これがおすそ分けの文化!

無理して持ってもいないものを上げる必要はない。

自分で使いきれないもの、食べきれないものを

おすそ分けすればいい。自分で何か作るときに、

ちょっとだけ多めにに作って人におすそ分けするだけでいい。

楽しんで作ればもっとつくりたくなる・・

だからたくさん作って人にもらってもらう。


こうして考えていけば、輪は循環するのよ。

輪が循環すれば、江戸の子たちのように

お金に依存しなくても十分豊かに生活することが出来るのよ。


おすそ分け文化・・素晴らしいと思わない?


あなた達を心から愛してるわ~~」




ありがとう さくやさん!


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!



      ワークショップ開催日程




「2016 身体を持って 次の次元へ行く」 in  大阪



 11月 5日(土)  ワークショップ ステージ1  (満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

            アシュタールライブトークセッション (満席御礼)
                 14:00~18:00 (¥15000+消費税)
                 

     6日(日)  ワークショップ ステージ2
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

            ワークショップ ステージ3
                 14:00~18:00 (¥20000+消費税)




「2016 身体を持って 次の次元へ行く」 in  藤沢



11月 23日(水)  ワークショップ ステージ1 (満席御礼)                
                 13:00~17:00(¥15000+消費税)

    26日(土)  ワークショップ ステージ1 (満席御礼)
                 13:00~17:00 (¥15000+消費税)

    27日(土)  ワークショップ ステージ2 (満席御礼)
                 13:00~17:00 (¥15000+消費税)

12月  3日(土)  アシュタールライブトークセッション (満席御礼)
                 13:00~17:00 (¥10000+消費税)

     4日(日)  ワークショップ ステージ3 (満席御礼)
                 13:00~17:00 (¥15000+消費税) 



ありがとうございました。キャンセル待ちは、お受けできますので、

ご希望の方は、ご連絡くださいね。



ステージ 1 ¥15000 + 消費税 (定員 13名)

     ☆ 波動(エネルギー)とは? 破・常識セミナー

     ☆ 波動(エネルギー)を 実際に感じ・使ってみる 

               エネルギーワーク

               松果体ワーク


                  
 ステージ 2 ¥15000 + 消費税(定員 13名)

   ステージ1の続きになりますので これまでに 

   ステージ1を受けられた方のみのワークショップになります

    ☆ 一体呼吸瞑想法

    ☆ テラフィールド瞑想法


    ☆ 破・常識 トーク・シヨウ


メモ・筆記用具を お持ち下さい。




ステージ3 ¥15000+消費税(定員 13名)

「パラレルワールドを移行する」~波動を使いこなし、波動使いになる~



    ☆ 破・常識セミナー

             ・魔法使い、陰陽師、波動使い について。

             ・人間の本来の能力(超感覚)について


    ☆ 体験ワークショップ


             ・感覚を研ぎ澄ますためのリラックス法


             ・対立と調和 
              コントロールのエネルギーの違いの体験。

             
             ・重い波動(エネルギー)から身を守るツール 

              光の壁をつくる方法 


    ☆ 破・常識 ぶっ飛びトークシヨウ!



申し訳ございませんが・・

ワークショップ ステージ3は、ステージ1、2にご参加頂いた方の
ステップアップのプログラムになります^^;
            

ライブ トーク セッション ¥10000 + 消費税(定員 13名)


 
○ ステージ1のみのご参加でも 可能です。

○ ワークショップに関係なく 
  ライブトークセッションはどなたでもご参加可能です。


○ 仮予約いただいたのち 参加費のお振込み確認により 
   予約確定とさせていただきます。

○ キャンセル料は 1週間前より ¥5400になります。

 当日キャンセルの場合は、全額キャンセル料とさせていただきます。

○ 会場: 藤沢市 湘南台 超次元サロン Muu

===================



「チームミナミAアシュタールの破・常識トークしてみるぅ~~?in 岡山」


日時 :10月29日(土)14:00~17:00 (満席御礼)


日時 :10月30日(日)14:00~17:00 (満席御礼)


場所 :岡山駅東口より徒歩1分の会議室

参加費:¥12960(¥12000+消費税)

定員 :20名


キャンセル待ちをお受けいたしますので、

ご希望の方はご連絡くださいね。



○ お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より
  お願いいたします

○ 仮予約のメールが届かないことが 最近多くなっていますので

  お問い合わせ、お申込みの際に 

必ず ご連絡先お電話番号をお書きください。


会場の詳しい場所、参加費お振込み口座等は 仮予約を頂いてから

こちらからメールでご連絡させていただきます。


会場の詳しい場所、参加費お振込み口座等は 
仮予約を頂いてから
こちらからメールでご連絡させていただきます。



頂いたお問い合わせのメールには 
必ず返信させていただいております。
もし何日も返信がない場合は 
お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そしてお問い合わせの際には 
必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでにお申込みいただいた方で 
こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので 
ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は 
こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。
      




スポンサーサイト

<< ”いま”を感じているその感覚byアシュタール | ホーム | 変化を受け入れることで・・byアシュタール >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム