ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

邪馬台国 卑弥呼の真実!

今日の 破・常識!

参考資料が 真実でなかったら

歴史の真実にたどり着けない!



テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 20


邪馬台国・・・

中国の魏志倭人伝に記された 日本の古代の国をめぐり

江戸時代以降、様々な論争が繰り広げられているみたいですねぇ~~

学会の関心事が、現在では 多くの人々に注目されるようになり

新たな説が出るたび 世間でも そりゃ大騒ぎさぁ~~(笑)

しかし 今なお 解決を見ていないのです。

はたして 邪馬台国はどこにあり その女王 卑弥呼は

どのような人物だったのでしょう?


興味のある方は ちょっと古いですけど・・こちらをご覧ください。

邪馬台国論争 

・・ということで さくやさんに教えてもらいましたぁ~~~!

まず この年表を見てください.

日本と中国の歴史年表


日本の歴史が 資料に記録され年表に最初に登場するのが

紀元前後「漢書地理志」にあった・・・

倭国百余国に分かれ その一部は 

漢の楽浪郡(現在のピョンヤン付近)と

交渉を持っていた…ということ。


57年とはじめて年代が記録されていたのは、

「後漢書 東夷伝」

そして 卑弥呼について 年表に登場するのは

「魏志倭人伝」からの記録によるものです。


いやいや 弥生時代あたりの日本の歴史は

大陸の国の記録の中から 引っ張ってきたものなのですねぇ~~

その資料は 渡来人がわたってくる前にいた大陸の国の本なんです。

前にも書きましたが 渡来人が来る前の縄文時代の真実の記録は

すべて消されました。

渡来人が増え 弥生時代が 

渡来人によって進んだ文明が取り入れられ

日本が進歩したことを 印象付けるため 

支配者である渡来人(弥生人と呼びます)に

都合のいいように作られた記録なのです。

だから これらの資料は 日本の歴史の真実を知る上においては

意味がないんです~~よ!

ただ 違う意味で 参考にはなりますけどね(笑)


卑弥呼とは?

神官として 神のお告げを聴ける少女のことなんですって。


大陸の国の意図で 日本列島を自分たちの属国にするために

その少女を支配者が利用したんです。


縄文人は ドラコニアン(水棲龍族)と 

普通にテレパシーで話してたんですが

純粋な縄文人が長い間に少なくなって 弥生人が増えていきました。

弥生時代の後半になると 

弥生人のほとんどが超感覚を忘れてしまっていました。

それらの人々を 支配するために 

卑弥呼という 少女の神官を作り上げたのです。


日本列島は 龍の形をしていて その背骨や手足に当たる地域に

最初に来た縄文人は 百か所くらいに集落を作りましたよね。

その縄文人の それぞれの集落の中に 渡来人が入ってきて

弥生人の集落になったのです。

その集落が 弥生時代の後半には 村ではなく 邑と呼ばれるくらいの

大きな地方都市のようなものになっていました。

そこで 日本列島のすべての邑を支配しようとしたのです。


実は、卑弥呼は 一人じゃないんです!!

卑弥呼は 8人くらい存在したのです!!

超アルレロ~~! 8人もいたの~~~???


日本列島を 8分割くらいにして その一地域にひとり、

卑弥呼を作り上げ 支配しようとしたのです。

それぞれの 卑弥呼には マネージャー的存在がいました。

当然 男性です。

大陸の国の命令を受け 裏で卑弥呼を操っていました。

神のお告げに従わないと 大変なことになる・・と

人々に恐怖を与え 支配していったのです。


が、思ったほどうまくいかなかったんですねぇ~~。

弥生人が増えたといっても 邑によっては 縄文人のDNAが残る人々が

大勢いたのです。

しかし 一か所 うまく思い通りにいった邑がありました。

それが 邪馬台国です。

現在の説では 邪馬台国の候補地は 60以上あり 

遠くは海外に求める説まであるんですって。

(畿内)大和説 と 九州説が 代表みたいですね。


では 邪馬台国は どこなのか?

じゃ~~~ん! 現在の和歌山で~~す。


そんなぁ~~、論争に終止符 うっちゃったあ~~!

ま、信じる人が何人いるかですけど~~~(笑)


現在の和歌山あたりの邑に存在した 卑弥呼とそのマネージャーは、

結構 長けてたみたいです。

思うように 人々を支配していき 勢力を拡大していきました。

その邑を 日本列島の支配の足掛かりにして 勢力を広げ

この後 国家(大和政権)が 成立することになるんです。




いつもありがとうございます!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 続・邪馬台国 卑弥呼の真実! | ホーム | 縄文 と 弥生・・論争はなぜ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム