fc2ブログ

M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

眼=支配者の監視・・byアシュタール

今日の破・常識!



あなた達を怖がらせようとしている


彼らの力を見せつけようとしているだけのことです。

 
だから、エネルギーを引かないで、怖がらないで、

 
しっかりと彼らの”眼”を見てください。

 
うつ向かず、正面から彼らを見てください。byアシュタール



今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!

===============================================


縄文を創った男たち
~信長、秀吉、そして家康~ 下巻



2020.4.15

全国書店・アマゾン等で

発売開始が決定いたしました


アマゾンでの予約受付中です!




ライトノベル
「縄文を創った男たち~信長、秀吉、そして家康~」(上巻)



驚きのSF戦国ストーリーがここに誕生しました。


こちらの写真をポチッとするとアマゾンに飛びます。




  2020年 4月15日 全国書店・アマゾンにて発売開始                                  


==========================
   
 
今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
あなた達は、”眼”を怖れるように教育されているのです。

 
昔の話になりますが・・昔、宇宙人が


まだあなた達の前に姿を現していたころ

 
アトランティスのことですが・・


人々に姿を見てはいけないと教え込んだのです。

 
特に目を見てはいけない・・と。

 
自分よりも立場の高い人(宇宙人、支配者)顔を見る、目を合わせる

 
・・ということは、とても失礼なことだと教え込んだのです。

 
顔を上げて、その人の顔を見たり、ましてや目を見るなどすると


厳罰に処せられるということがありました。

 
人々は恐怖で支配されていたのです。

 
そして、その頃からいたるところに支配者の”眼”を描いていました。

 
”眼”を形どったオブジェをたくさん作っていたのです。

 
人々は、支配者の”眼”は見てはいけないものだと


教え込まれていますので、そのオブジェを見ると畏怖の念を持ちます。

 
つねに、下を向いていることになります。

 
そして、支配者である宇宙人(レプティリアンたち)は、

 
自分を万能の神だと言いはじめました。

 
そして、”眼”=神という印象を与えていったのです。

 
”神”は絶対です。

 
ですから、常に”神”に見られていると思うと緊張します。

 
そして、”神”の教えを守らなければいけないと思い


”神”を自分の人生の中心に置くようになります。

 
つねに監視された状態になるのです。


(そのように思考操作されてしまったのです)

 
ですから、その頃の人々にとって”眼”はとても怖いものでした。

 
畏怖し、ひれ伏す対象だったのです。

 

そして、あなたたちの中にも、その頃の人々の感覚が


まだ残っているということです。

 
残っているというより、ずっと残されてきたのです。

 
”眼”=支配者の監視・・なのです。

 
ですから、いたるところに”眼”をおくのです。

 
あなた達が自由にならないように


常に”眼”に脅えるように・・あなた達庶民は、


常に監視され、コントロールされているのだと

 
支配者たちは主張しているのです。

 
彼ら支配者たちは、自己顕示欲が強く


いたるところで自分達の力ややり方を主張する


という面白いことをします。

 
黙っていたら気がつかれないで支配出来るのに


気がつかれないと面白くないという心理が働くのでしょうか?


・・いろんなところで自分達が支配者なのですと主張するのです。

 

”眼”もその主張の一部です。

 
”眼”を見たら怖がりなさい、自分たちのひれ伏しなさい


・・と言いたいのです。

 
ですから、”眼”を見たら、見返してください。

 
不気味な気持ちがして、目をそらしたくなるかもしれませんが、

 
意識してしっかりとその”眼”を正面から見てください。

 
これは対立してください、怒りのエネルギーを出してくださいと

 
お伝えしているのではありません。

 
エネルギーを引かないでください・・とお伝えしているのです。

 
”眼”を見て、怖がっていると、エネルギーを引いてしまいます。

 
エネルギーを引いてしまうと、どんどん押されてしまいます。

 
彼らの都合の良いように、エネルギーが流れてしまうのです。

 
怖がっていれば、もっと脅されます・・それは分かりますね。

 
”眼”を正面から見ることによって


エネルギーを引かなくなります。

 
彼らを怖れる気持ちが少なくなります。

 
そうなると、対等になれるのです。

 
対等になれれば、あなた達の権利を取り戻すことが出来るのです。

 
”眼”だけのことではなく、あなた達の社会は


恐怖でコントロールされています。

 
いうことを聞かなかったら、どうなるか分かっていますね?

 
あなたにとってとても不利なことが起きますよ・・と脅して

 
あなたに彼らの言うことをきかせようとするのです。

 
彼らに従順に従わせようとするのです。

 
でも、あなたが怖がらなければ、その脅しは通用しないのです。

 
彼らは、あなたに何もできなくなります。

 
あなたをコントロールすることが出来なくなるのです。

 
あなたが脅しに対して怖がらない・・


それが、彼らにとっては一番イヤなこと、困ることなのです。

 
彼らの脅しは、よく見て見たらそんなに怖いことではありません。

 
お化けが出ますよ・・と言っているくらいのことです。

 
お化けの正体がわかれば、何も怖いことではなくなります。

 
脅かされている正体を見てください。

 
何が怖いのかをしっかりと見つめることが出来れば


怖いものではないということが分かります。

 
また話がそれてしまいました。

 
”眼”のオブジェをたくさん作るのは、そういうことです。

 
あなた達を怖がらせようとしている


彼らの力を見せつけようとしているだけのことです。

 
だから、エネルギーを引かないで、怖がらないで、

 
しっかりと彼らの”眼”を見てください。

 
うつ向かず、正面から彼らを見てください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチでこのブログを育ててね、よろしくお願いします!


                                                      
===============================================

破・常識屋出版からはじめて出す書籍は・・・


「日本列島から日本人が消える日」
上・下巻
 で~す^0^


アマゾンにて予約受付中です!
本の写真をクリックしてくださいね!







==============================================


 [お知らせです]

M会員の皆さま限定で ミナミAアシュタールの

アシュタール・さくやさんからのメッセージの記事や動画の転載を

ご希望の方に承認制でお使いいただけるようにいたします!



・・ということで、M会員登録してくださった方で

(これから登録してくださる方でも大丈夫です)

記事の転載・使用をご希望の方には

お使い頂けるようにしたいと思います。

動画にしていただいても大丈夫なのですが

少しお願いしたいことがございますので

もしブログへの転載やユーチューブなどの動画にしたいと

お思いの方は、まず お問い合わせ  より

申請していただきたいと思います。

申請していただいた方には、

こちらから詳しい内容を改めてご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたしま~~す^0^



       ミナミAアシュタール

スポンサーサイト



<< 幸せな状態が当たり前byアシュタール | ホーム | 政治的なプロセスは必要か?byアシュタール >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム