fc2ブログ

M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

あなたの個性がキラキラと輝くbyアシュタール

今日の破・常識!



素直にあなたの個性を表現してください。

 
あなたの中からエネルギーがどんどん出て来て、

 
あなたの個性がキラキラと輝きます。byアシュタール


今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!

===============================================


お待たせいたしましたぁ~^0^
思っていたより早くアマゾンの停止がとけました^^



どうぞよろしくお願いいたします。

==================

新刊 出来ました~!


身体を持って次の次元へ行く 1  2




1 2  


本の写真をクリックしてくださいね!

5月25日よりアマゾンでの予約がはじまりました! うぇ~い^0^


全国の書店さんのご予約もOKです



実際に書店に並ぶのは6月に入ってからになります。


以前出版したんだけど絶版になってしまった


3000倍、引き寄せる 。 」と「引き寄せの口ぐせ


夢を叶えたかったら、その夢に名前を付ければいいんです


そして、今回書き上げた「身体を持って次の次元へ行く」の


4作が入っています。


4作が2冊にまとまって、めちゃお得な本です^0^


今の混乱している世の中から、どうやってそっと離れて


私たちにとって新しく楽しい社会を創っていくかの


ヒントが盛りだくさんの本になっています。


是非お読みくださいね^^


そして、一緒に身体を持って次の次元へ行きましょうね~^0^

        ミナミAアシュタール


============================
  
今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

  


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
表現をすることを怖がらないでください。

 
表現するというのは、自分の考えを話したり、感性を伝えたり

 
感情を出したりすることです。

 
あなたはあなたの個性を表現するためにテラに生まれて来たのです。

 
素直にあなたの個性を表現出来るとき、あなたは満足感


よろこびを感じることが出来るのです。


 こころがフルフルと震えるような


高揚感を感じることが出来るのです。

 
それを幸せな状態と呼ぶことが出来るのです。

 
表現をする・・それはあなたの個性を輝かせるということです。

 
でも、あなた達はそれを怖がります。

 
なぜでしょうか?

 


違う意見を言われることが怖いと思うからです。

 
自分を表現すると、他の人から何か批判を受けたり


否定されたりすると思ってしまうから


なるべく表現せず小さくなっている方が

 
安全だと思ってしまうからです。

 
でも、小さくなって何も表現せずにいたら


あなたのこころはどんどんツラくなって行きます。

 
こころのバランスを崩してしまいます。

 
安全に見えますが、それは安全なことではないのです。

 

表現することは怖いことではありません。

 
思考の角度を変えてみてください。

 
100人いたら100通りの考え方があります。

 
そうですね・・それぞれの個性によって考え方


価値観、表現の仕方は違います。

 
あなたが表現したことに違うと思う人も出てきます。

 
それは、その人の問題であってあなたが気にすることはないのです。

 
あなたの表現が自分と違うと言っているだけにすぎないのです。

 
だから、あなたがあなたの素直な表現に対して罪悪感?


悪いと思う?ことはないのです。

 
何を言われたとしてもその意見は


あなたには関係のないものなのです。

 
たとえあなたが表現したこと(話をしたこと)に対して


怒りを感じる人がいても、それはあなたの責任ではありません。

 
あなたの言葉にその人が持っていた怒りのタネが


刺激されただけだということです。

 
同じ話をしてもタネがない人は怒りません。

 
その人が持っていたタネの問題だということです。

 
だから、あなたが気にする必要はないのです。

 
(もちろんその人が怒ることを知っていて


悪意を持ってその話をする場合は違います。)

 
そして、あなたの表現はダメです、私の意見を取り入れなさい


・・・というのは自由への介入になります。

 
それはコントロールになるのです。

 
どんな表現をしてもその人の自由なのです。

 
誰も自分以外の人の表現を批判し


表現を変えさせようとすることは

 
自由への介入になってしまうのです。

 
あなたがあなたの個性を表現するのは自由なのです。

 
だから、怖がる必要はありません。

 
どんどんあなたは素直にあなたの個性を表現してください。

 
そうすれば楽しくなります。ワクワクします。

 
生きることが素直によろこびになります。

 
自分の表現を押し殺してしまうから


生きることが楽しくなくなるのです。

 
ツラいとさえ思ってしまうのです。

 
毎日が同じことの繰り返しでつまらないと思ってしまうのです。

 


あなたの個性を素直に表現してください。

 
誰の目も口も世間も気にすることはありません。

 
そして、素直に楽しく表現していれば


反対に誰も何も言わなくなります。

 
あなたの表現を楽しんでくれるようになるのです。

 
怖がったり、萎縮したり、素直ではない表現をするから

 
いろいろな意見を言われてしまうということもあるのです。

 

素直にあなたの個性を表現してください。

 
あなたの中からエネルギーがどんどん出て来て、

 
あなたの個性がキラキラと輝きます。

 
まわりの人たちもそのエネルギーと共振して楽しくなるのです。

 
気持ちよくステキな関係を築くことが出来るのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします



ありがとう、アシュタール! 


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチでこのブログを育ててね、よろしくお願いします!


                                                      
===============================================

破・常識屋出版からはじめて出す書籍は・・・


「日本列島から日本人が消える日」
上・下巻
 で~す^0^


アマゾンにて予約受付中です!
本の写真をクリックしてくださいね!







==============================================
縄文を創った男たち
~信長、秀吉、そして家康~ 下巻



2020.4.15

全国書店・アマゾン等で発売開始





ライトノベル
「縄文を創った男たち~信長、秀吉、そして家康~」(上巻)



驚きのSF戦国ストーリーがここに誕生しました。


こちらの写真をポチッとするとアマゾンに飛びます。




  2020年 4月15日発刊 全国書店・アマゾン発売中                                  


==========================

 [お知らせです]

M会員の皆さま限定で ミナミAアシュタールの

アシュタール・さくやさんからのメッセージの記事や動画の転載を

ご希望の方に承認制でお使いいただけるようにいたします!



・・ということで、M会員登録してくださった方で

(これから登録してくださる方でも大丈夫です)

記事の転載・使用をご希望の方には

お使い頂けるようにしたいと思います。

動画にしていただいても大丈夫なのですが

少しお願いしたいことがございますので

もしブログへの転載やユーチューブなどの動画にしたいと

お思いの方は、まず お問い合わせ  より

申請していただきたいと思います。

申請していただいた方には、

こちらから詳しい内容を改めてご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたしま~~す^0^



       ミナミAアシュタール

スポンサーサイト



<< 少子化って何が問題なの?byアシュタール | ホーム | あなたの後ろに霊がいる??byアシュタール >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム