fc2ブログ

M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

次のタイムラインを選ぶ基準byアシュタール

今日の破・常識!



何を習ったか?どういう知識を得たか?によって


次に選ぶ未来が変わってくるのです。

 
タイムラインは自分で決めています・・

 
でも、それを決めるのは自分の考え方


価値観などの思考なのです。byアシュタール



今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!

===============================================


お待たせいたしましたぁ~^0^
思っていたより早くアマゾンの停止がとけました^^



どうぞよろしくお願いいたします。

==================

新刊 出来ました~!


身体を持って次の次元へ行く 1  2




1 2  


本の写真をクリックしてくださいね!

5月25日よりアマゾンでの予約がはじまりました! うぇ~い^0^


全国の書店さんのご予約もOKです



実際に書店に並ぶのは6月に入ってからになります。


以前出版したんだけど絶版になってしまった


3000倍、引き寄せる 。 」と「引き寄せの口ぐせ


夢を叶えたかったら、その夢に名前を付ければいいんです


そして、今回書き上げた「身体を持って次の次元へ行く」の


4作が入っています。


4作が2冊にまとまって、めちゃお得な本です^0^


今の混乱している世の中から、どうやってそっと離れて


私たちにとって新しく楽しい社会を創っていくかの


ヒントが盛りだくさんの本になっています。


是非お読みくださいね^^


そして、一緒に身体を持って次の次元へ行きましょうね~^0^

        ミナミAアシュタール


============================
   
今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
習ったことが次のタイムラインを選ぶ基準になります。

 
特に子どもたちはそうです。

 
大人や特に先生と呼ばれる人たちから教わったことが

 
その子の次のタイムライン(未来)を選ぶ基準になるのです。

 
分かりますか?

 

何を習ったか?どういう知識を得たか?によって


次に選ぶ未来が変わってくるのです。

 
タイムラインは自分で決めています・・

 
でも、それを決めるのは自分の考え方、価値観などの思考なのです。

 
そして、その価値観や考え方、道徳観、倫理観、常識は

 
まわりの大人たちに大きく影響されます。

 
だから、支配者たちは教育を大切にします。

 
自分達の都合のよい考え方、価値観を身につけさせるための

 
教育に力を入れるのです。

 
教育さえできれば何もしなくても彼らの支配下に入って

 
自ら彼らの支配をよろこんで受けるようになるからです。

 

たとえば占領された国ではまず子どもたちを親から引き離します。

 
支配者たちの作った学校に入れ、支配者の意図通りに動く大人と

 
寝食を共にさせ自分たちの都合よく子どもたちを教育していくのです。

 
いままでの先祖や親たちの文化を否定し


彼らの文化を尊敬するように教育していくのです。

 
江戸時代から明治維新が起きたときに行われたことも同じです。

 
6歳になったら学校へ行かせるのも早くから親と離すためです。

 
親を忙しくさせて0歳から保育所に預けなければいけないように


するのも子ども達を親から引き話し支配者たちの

 
都合よく教育するためなのです。

 
結局、子ども達に何を教え込んでいるかというと

 
従順に権力者に都合よく動くような考え方、価値観、道徳観

 
倫理観、常識なのです。

 
知識と言われるものも同じです。

 
波動エネルギーのこと、思考が先、現実はあと、など

 
彼らに都合が悪いことはまったく教えません。

 
歴史などは特に支配者にとって都合よく捻じ曲げられたものを

 
教えていくのです。

 
他の国を悪い国だと思わせ、その国に嫌悪感を抱かせるように

 
教育すれば大人になってもその国に対して悪感情が残ります。

 
国だけではなく国民に対しても嫌悪感をいだくようになります。

 
お互いの国を敵対しあうようにするのはとても簡単なのです。

 
教育でお互いに悪感情を持つように刷り込んでいけば


いいだけのことなのです。

 
どうしてそんなお互いに悪感情を持たせるようなことを


するのでしょうか?お互いいがみ合っても


何のメリットもありませんよね・・


という疑問が出て来るかと思いますが

 
庶民にはまったくメリットはありません、メリットどころか

 
デメリットしかありませんが、支配者たちにとって


とても好都合なのです。

 
あちこちで紛争や戦争を起こすためには庶民たちの


お互いに対する悪感情が必要なのです。

 
悪感情がなければ支配者たちがどんなに煽っても


庶民たちは戦争をしようとは思いません。

 
でも小さな頃から悪感情を植え付けられていけば


ちょっとした刺激でもその悪感情が燃え上がり


理性的に考えることが出来なくなり


戦争さえも厭わないと思うようになるからです。

 
お互いにいがみ合ったり、悪感情を持ちあったりしている国が

 
世界にいくつもあると思います。

 
それは意図的に支配者によって植え付けられたものなのです。

 
もちろん考え方の違いはありますが


それを敵対的に考えるようにされているのも教育の成果なのです。

 
教育で、お互い考え方は違うところはあるけれど


それはお互い尊重し合えば仲良くすることは出来ます


と教えれば何も問題は起きないのです。

 
お互いの違いを尊重し合い、自由への介入をしないで

 
おきましょうという考え方が出来れば


何も問題は起きないのです。

 
それはわざと意図して教えません。

 
ただいがみ合うような思考だけを刷り込むのです。

 
それが彼らの教育なのです。

 

話しが逸れましたが・・

 
教育によってどのような思考でも刷り込むことが出来るのです。

 
教育とはとても大切なことなのです。

 
まわりの大人たちの考えが子どもたちのタイムラインに

 
大きく影響するのです。

 
だから、子ども達にどういう生き方(タイムライン、未来)を

 
選んで欲しいかを大人もしっかりと考えてください。

 
そして、その生き方を大人もしてください。

 
支配者たちの都合の良い社会を良しとするならば

 
それも良いと思います。

 
そして、その生き方を子どもたちに教えるのもいいと思います。

 
子どもたちがその考え方を受け入れ、そのタイムラインを


選ぶのもその子どもの決めたことになります。

 
ただ、選択肢は持たせてあげて欲しいと思います。

 
違う考え方、違う常識、違う価値観があるということを

 
教えてあげてください。

 
そして、どれを選ぶかは子どもに任せてください。

 
コントロールすることが教育ではないのです。

 
いろいろな価値観、考え方があることを大人が示してください。

 
そして、その中でどれを選ぶかは


子どもの自由だということを忘れないでください。

 
コントロールは教育ではありません。

 
自分で考え、自分で選び、自分で行動することが出来る

 
自立した人を育てることが教育なのです。

 
いまのあなた達の教育システムは支配者にとって


都合のよい人間を育てるための没個性の鋳型工場なのです。

 
思考が次のタイムライン(未来)を決めます。

 
どのような思考をするかで次の現実が大きく変わるのです。

あなたに愛をこめてお伝えいたします 


ありがとう、アシュタール! 


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチでこのブログを育ててね、よろしくお願いします!


                                                      
===============================================

破・常識屋出版からはじめて出す書籍は・・・


「日本列島から日本人が消える日」
上・下巻
 で~す^0^


アマゾンにて予約受付中です!
本の写真をクリックしてくださいね!







==============================================
縄文を創った男たち
~信長、秀吉、そして家康~ 下巻



2020.4.15

全国書店・アマゾン等で発売開始





ライトノベル
「縄文を創った男たち~信長、秀吉、そして家康~」(上巻)



驚きのSF戦国ストーリーがここに誕生しました。


こちらの写真をポチッとするとアマゾンに飛びます。




  2020年 4月15日発刊 全国書店・アマゾン発売中                                  


==========================

 [お知らせです]

M会員の皆さま限定で ミナミAアシュタールの

アシュタール・さくやさんからのメッセージの記事や動画の転載を

ご希望の方に承認制でお使いいただけるようにいたします!



・・ということで、M会員登録してくださった方で

(これから登録してくださる方でも大丈夫です)

記事の転載・使用をご希望の方には

お使い頂けるようにしたいと思います。

動画にしていただいても大丈夫なのですが

少しお願いしたいことがございますので

もしブログへの転載やユーチューブなどの動画にしたいと

お思いの方は、まず お問い合わせ  より

申請していただきたいと思います。

申請していただいた方には、

こちらから詳しい内容を改めてご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたしま~~す^0^



       ミナミAアシュタール


スポンサーサイト



<< お互いの意見を尊重しつつ離れるbyアシュタール | ホーム | それが彼らの狙いなのですbyアシュタール >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム