fc2ブログ

M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

どうして権力が欲しいのですか?byアシュタール

今日の破・常識!



エネルギーバンパイアがエネルギーを補給した時の


快感が忘れられない中毒になっているということです。byアシュタール


今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!

===============================================


お待たせいたしましたぁ~^0^
思っていたより早くアマゾンの停止がとけました^^



どうぞよろしくお願いいたします。

==================

新刊 出来ました~!


身体を持って次の次元へ行く 1  2




1 2  


本の写真をクリックしてくださいね!

5月25日よりアマゾンでの予約がはじまりました! うぇ~い^0^


全国の書店さんのご予約もOKです



実際に書店に並ぶのは6月に入ってからになります。


以前出版したんだけど絶版になってしまった


3000倍、引き寄せる 。 」と「引き寄せの口ぐせ


夢を叶えたかったら、その夢に名前を付ければいいんです


そして、今回書き上げた「身体を持って次の次元へ行く」の


4作が入っています。


4作が2冊にまとまって、めちゃお得な本です^0^


今の混乱している世の中から、どうやってそっと離れて


私たちにとって新しく楽しい社会を創っていくかの


ヒントが盛りだくさんの本になっています。


是非お読みくださいね^^


そして、一緒に身体を持って次の次元へ行きましょうね~^0^

        ミナミAアシュタール


============================
   
今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

   「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。


結局の話はエネルギーバンパイアだということです。


権力を欲しがるのはエネルギー不足だからです。


だから、どんなに権力を持っても満足できず、


もっともっと欲しいとなるのです。


エネルギーが自分の中から湧いてきませんので常に外から


(あなた達庶民、自分より下の立場の人達)

 
補給し続けなければならないのです。


だから、もっと大きな権力を欲することになるのです。

権力は支配・コントロールです。


自分以外の何物かを支配・コントロールすることで


快感を得ることが出来ます。


それがエネルギーチャージになるのです。



そのエネルギーをどうやって補給しているの?という


疑問が伝わってきますが・・そのエネルギーを


直接食べているとかそういうことではありません。


エネルギーを合わせることで


エネルギーをチャージすることが出来るのです・・


と言えばもっとわからなくなってしまいますか?

たとえば、あなたがものすごく嫌なことがあって機嫌が悪いとします。


そうなると自分よりも立場の下?弱い?人に八つ当たり


したくなりますね。


上の人にはしませんが、下の人は何も悪くないのに


当たり散らしたりすることがありますね。


そういう時、少し気分がスッとしませんか?


それがエネルギーバンパイアのチャージの仕方なのです。


そうやってチャージすることが出来るのです。


なんとなくその感覚を感じていただければと思います。


人がイヤがる、悔しがる、悲しがる、などの感情のエネルギーを


感じると気分がよくなるということはそういうことなのです。



これがイジメの原点なのです。


イジメることで怖がったり、悲しがったり、イヤがったりする


姿を見たり、怖がらせて自分の言うことをきかせることに


快感を感じるからイジメをするのです。


いま、あなた達の社会のトップ、政治家や官僚などがしている


ことはある意味イジメと同じ構造なのです。


彼らのエネルギーをチャージするために権力を欲し


庶民が権力におもねり自分たちの言うこと(命令)に


従わせることで快感を感じるのです。


それにお金もたくさん入ってくるのでやめられないと


いうことになります。


やめられないどころか中毒のようになってしまい


もっともっと欲しいと思うのです。

エネルギーバンパイアが満足することはありません。


エネルギーバンパイアにエネルギーを差し出していると


底なしに要求されるようになります。


どんどん要求が大きくなっていくのです。


それが今世界中で起きていることなのです。


あなた達庶民はイジメられているのです。


怖がらせられ、命令され、それに従うことを強要され

 
あなた達から出るエネルギーをバンパイアしているのです。


あなた達のことなどまるで考えてはいません。


どうやってもっと多くのエネルギーをバンパイアするか


それしか考えていないのです。


人間の社会のトップであってもエネルギーを


バンパイアされているというところでは同じです。


ピラミッド社会のトップである宇宙人たちから


バンパイアされているのでそのバンパイアされたエネルギーを


下の人たちからバンパイアしようとするのです。


結局最終的には庶民がつらい思いをするという構図なのです。


ピラミッドシステムそのものが搾取(バンパイア)の


ために作られたものですから、そこにいたら常にみんな


エネルギー不足になり、エネルギーの取り合いになるのです。


豊かで平和な社会にはならないのです。
 

どうしてそんなに権力が欲しいのですか?という


ご質問にはエネルギーバンパイアだからですと


お答えしたいと思います。


エネルギーバンパイアがエネルギーを補給した時の


快感が忘れられない中毒になっているということです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチでこのブログを育ててね、よろしくお願いします!


                                                      
===============================================

破・常識屋出版からはじめて出す書籍は・・・


「日本列島から日本人が消える日」
上・下巻
 で~す^0^


アマゾンにて予約受付中です!
本の写真をクリックしてくださいね!







==============================================
縄文を創った男たち
~信長、秀吉、そして家康~ 下巻



2020.4.15

全国書店・アマゾン等で発売開始





ライトノベル
「縄文を創った男たち~信長、秀吉、そして家康~」(上巻)



驚きのSF戦国ストーリーがここに誕生しました。


こちらの写真をポチッとするとアマゾンに飛びます。




  2020年 4月15日発刊 全国書店・アマゾン発売中                                  


==========================

 [お知らせです]

M会員の皆さま限定で ミナミAアシュタールの

アシュタール・さくやさんからのメッセージの記事や動画の転載を

ご希望の方に承認制でお使いいただけるようにいたします!



・・ということで、M会員登録してくださった方で

(これから登録してくださる方でも大丈夫です)

記事の転載・使用をご希望の方には

お使い頂けるようにしたいと思います。

動画にしていただいても大丈夫なのですが

少しお願いしたいことがございますので

もしブログへの転載やユーチューブなどの動画にしたいと

お思いの方は、まず お問い合わせ  より

申請していただきたいと思います。

申請していただいた方には、

こちらから詳しい内容を改めてご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたしま~~す^0^



       ミナミAアシュタール

スポンサーサイト



<< おかしいことをおかしいという権利byアシュタール | ホーム | 現実を自分で創りだすbyアシュタール >>


コメント

今晩は、一言言わせて頂きます。
なんとなく、子供の頃に言われた言葉を思い出しましたし、腑に落ちました。
だから、相手は「弱いお前が全て悪い」
と言っていたこと、更に、相手は、同級生だったり、親だったりもした。
今、思えば、周りは、僕が恐怖の余り、エネルギーを引くものだから、そこにつけこんだに過ぎない事に。
でも、その理不尽極まりない、相手の一方的な暴力、何度自ら身体を脱ごうと思ったことか、でも、その体験を引き寄せたのは、自分自身だったことに気がついた。
これは、大きいと思います。
ヴァンパイアが悪いなら、そこから、離れるという選択肢もあったのだと、今となっては思いました。
でも、今となっては後の祭りであり、その時の自分が無意識に選択し、それを選んだ事に過ぎない。
これから、前向いて、どうするか?
そこに気持ちも、意思を向けて、ただひとつ、やりたくないことは、自分が相手にやられて、嫌だった事はやりたくない。
理由は簡単、悲しかった事と同じ土俵に立ちたくない、これが理由。
でも、相手がどう受けとるまでは、責任取りません。
長文失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム