fc2ブログ

M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

情報を知識にするためにはbyアシュタール

今日の破・常識!



情報を受け取り、それが感性、感覚、感情に


刺激を与え判断します。


その判断のもとにその情報が知識となるのですbyアシュタール



今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          

あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします

==================


新刊出ましたぁ~^0^

 

イエ~イ(*’ω’ノノ゛☆パチパチ

 

 

 

ご予約はこちらから・・画像をクリックしてね~

  



新日本列島から日本人が消える日の続きです!

 

続くとは思っていなかったので、上下巻にしたのに

 

まさかの続編!

 

だから、最終巻(爆)

 

 

上下巻は歴史です^^

 

新刊本は現代の闇からどう抜け出るかの話になります。

 

さくやさんが、私たちと同じように

 

宇宙人に支配されていたある惑星の話をしてくれました^^

 

どうやって宇宙人の支配から抜け出すことができたか!

 

それをヒントに、私たちもどうしたらいいのかを

 

具体的に、詳しく教えてくれています。

 

 え?そんな簡単な事でいいの?

 

ってちょっとびっくり^0^

 

これなら誰にでもできる!

 

支配からの脱却・・できます!!

 

一緒に逃げちゃいましょ^0^

 

 

 4月25日より発売開始されました!

 

  

よろしくお願いいたしま~す^0^

 

 ミナミAアシュタール

------------------------------------- 

                              



今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。



「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。


情報を知識にするためには段階が必要になります。


段階・・ステップ・・


表現の仕方がなかなか難しいですね。


情報を得たとき


それがすぐに知識となっていくのではないのです。


情報を得たらまず感覚で受け取ります。


感覚・・感情のようなところですね。


表現がとても難しいですが


それこそ感覚で受け取っていただければと思います。



例えば映画などで得た情報はまず感情を刺激します。


感情を刺激するには時間が必要となります。


情報を受け取ってそれを理解し


その理解したことが自分にとって


どういう感覚がするのかが大きな決め手になるのです。


気持ちいい感覚を持つことが出来る情報は


自分にとって真実だと思います。


そして、それを知識としてしっかりと受け入れることが


出来るのです。


でも、気持ちがよくないという感覚を受けると


それは自分に取って必要のない情報だと判断できます。


情報を受け取ったときに感覚が大きな決め手になる


ということです。



人は感情で動きます。


どんなに冷静に(感情抜きで)情報を受け取っている


と思っても最後に判断するのは感情なのです。


感情は感性です。


感情は感覚なのです。


感情を分析することは出来ません。


感情はただ感じる感性なのです。


でもその感情で人は判断し行動するのです。


そして、その感情、感性、感覚によって


知識となるのです。


難しいですか?



情報を受け取り、それが感性、感覚、感情に


刺激を与え判断します。


その判断のもとにその情報が知識となるのです。


ですから、時間がかかるのです。


それはとても大切な行程、ステップ、段階なのです。


それをすっ飛ばしてしまうと


いくらたくさんの情報を得ても知識とならないのです。


自分のもの(腑に落ちるもの)にはならないのです。



ですから、映画などは特にわかりやすいと思いますが


その行程をすっ飛ばして(早送りにして)見ると


見たという気分は残りますが感性、感情は起きてきませんので


その映画の情報は本来の知識にはならないのです。


ストーリーはわかりますが、そこから導き出される


あなた本来の感性は出てきませんので


腑に落ちた知識にはならないということです。


作者が何を言いたいのか、それによってあなたは何を感じ


何を考えるのかというところに行かないということです。


ストーリーを知るだけではこの作業が出来ないのです。


しっかりとその作者の言いたいこと


その中の人たちの感情の動きなどは


早送りでは感じることが出来ないのです。


それでは見たという事実だけになってしまいます。



本などの速読、斜め読みも同じです。


読んだつもり・・になってしまうのです。


たくさん本を読んでも、そういう状態では


自分の中にその本に書かれている情報を落とし込む


(知識にする)事は出来ないのです。


速読、斜め読みではその世界に入り込むことが出来ないのです。


その世界に入り込むことで感覚が刺激されるのです。


文字は覚えているかもしれませんが


それは実際に使える知識にはならないということです。



暗記ばかりの教育と同じことですね。


たくさん覚えれば知識は増えると思われていますが


それは知識にはならないのです。


情報は使えるようになってはじめて知識となります。


知識も使うことで叡智になるのです。


その知識を自分のものとして落とし込んで使うことによって


それは叡智となるのです。



情報を自分に落とし込む作業を端折らないでください。


たくさん見ればいい、たくさん読めばいい


たくさん聞けばいいというものではないのです。


早く読めば、早く見れば、早く聞けば


もっとたくさんの情報を得ることができる


というものではないのです。


それは情報を得たつもりになってしまうだけです。


情報をたくさん得ても、あなたの中が刺激されなければ


それは表面上をスッと通り過ぎるだけになります。


あなたの中を刺激する(感情、感性、感覚で何かを感じる)


事が情報を知識に変えるためには必要なのです。


そのためにはそれに集中することが必要なのです。


時短は知識を得にくくなります。


たくさんの量の情報を得ることが出来る人が優れた人だ


と刷り込まれてしまっているのです。


早く読み、早く聞き、早く見ることで


たくさんの情報を得ることが出来る人が優秀だ


と思い込ませることが出来れば


本来のしっかりと落とし込んだ知識を得ることが


出来なくなるからです。


そして、たくさん意味の分からない情報


(知識に落とし込むことが出来ない情報)


を得ることで思考停止にもなります。


そうですね。


頭の中で整理できないごちゃごちゃした情報が


たくさんあると考えることが出来なくなるのは


わかりますね。


グチャグチャの部屋の中にいるようなものです。


どこに何があるのかわからなくて


必要なものを見つけることが出来ないのと同じです。


頭の中をすっきりと整理するためには


受け取った情報を理解し区別し


自分にとってどういう情報なのかを


判断しなければいけないのです。


そのためには時間が必要になります。


知識に落とす段階、ステップが必要になるのです。


早ければいい、たくさん得ればいいという考え方は


あなた達にしっかりと考えることをして欲しくない


支配者たちのミスリードなのです。


思考停止にしておきたいという意図があるということを


お伝えしたいと思います。


覚えるだけでは知識に落とし込むことは出来ないのです。


ストーリーだけを追っていても


感情、感性、感覚を刺激することが出来ないので


実際に使える知識にはならないということも


お伝えしたいと思います。



あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチでこのブログを育ててね、よろしくお願いします!


                                                      
===============================================

破・常識屋出版からはじめて出す書籍は・・・


「日本列島から日本人が消える日」
上・下巻
 で~す^0^


アマゾンにて予約受付中です!
本の写真をクリックしてくださいね!







==============================================








こちらの写真をポチッとするとアマゾンに飛びます。




  身体を持って次の次元へ行く 1  2




 2  


本の写真をクリックしてくださいね!


==========================

スポンサーサイト



<< こんな私・・の根底は比較ですbyアシュタール | ホーム | 今頑張るというのは本末転倒byアシュタール >>


コメント

まとわり続ける違和感

まさに、小学生の時に抱いていた違和感がココに書かれていました。暗記、これが何の意味もないのでは?という違和感。情報を自分に落とし込む為に先生に聞きたくても授業中は次々違う情報を話し、気付けば何の解決もしていない内にテストです。それを強制的だと感じていました。休み時間や放課後に先生に聞きに行っても(授業では内容と解釈と疑問をすっ飛ばされるので既に記憶は一部で止まったままであること)、とやかく言わず覚えればいい、教科書を何度も読めばいい、屁理屈言うな、そんな答えしか返っては来ませんでした。教科書を何度読んでも解決しないから聞いているのに、返答はなし。こんなことが意味があるのか毎日毎日疑問でした。テストの点数がいい人が頭がいいとされ、それも違和感。中学や高校ではランキングまで張り出され、それに意味があるとすれば上下を決めつけられる制度に違和感。おかしい、おかしい、と思う日々が物心ついた頃からまとわり続くのでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム