fc2ブログ

ここが一番大切なのですbyアシュタール

今日の破・常識!



ここが一番大切なのです。


自分の生活は自分で守る・・


自分の現実は自分で創っている


と分かることがとても大切なのですbyアシュタール



今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          

あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします

==================





ご予約はこちらから・・



新刊出ましたぁ~^0^

 

イエ~イ(*’ω’ノノ゛☆パチパチ


アシュタール 宇宙の真実
77のディスクロージャー


今度の本は、アシュタールがメインです^0^

この本は・・すごいよ!

内容が・・すごい!

77のテーマで

アシュタールが例の口調で

(淡々と優しく)わかりやすく話をしてくれています。

ちょっと難しそう・・って思うことも

本当に分かりやすく丁寧に説明してくれて

こんな本どこにもないよって思う本です!

知りたかったけど

誰も教えてくれなかった答えが満載です!

いろんなことに興味がある方・・必見です!

是非、お読みください!

ミナミAアシュタール

------------------------------------- 

                                                        



今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。



こんにちは こうしてお話できることに感謝します。


大切なことが分かってきます。


こうしてどんどんいろいろな事が露見しはじめると


何が大切かが分かってきます。


自分にとって大切なのは何かを考えることが


できるようになります。


そして、自分のことは自分で考えなければいけない


とも思えるようになって来ます。


誰もあなたの事で責任は取ってくれません。


責任を取ってくれると信じていた人たちは


何もしないという事が分かってきます。


もともと責任など取る気はまったく無い


という事が分かります。


それはとても良い事なのです。


誰かが何とかしてくれる、責任を取ってくれる・・


と思っていると、自分で考えなくなってしまいます。


でも、誰も責任を取ってくれない


責任を取りましょうと言っていた人も


最後には知らん顔すると分かると


自分の身は自分で守らなければいけない


と本気で考える事が出来るようになるのです。


大きな声で責任を取りますと言っている人は


最初から責任を取る気はありません。


何とでも言い訳して逃げることができることを


知っているからです。


そして、最初から逃げるための口上を用意してあります。


もし、本気で自分で責任を取ろうと


思っている人がいたとしたら


その人は責任の意味が分かっていないのです。


自分以外の人に対して責任など取れないという


根本的な事が分かっていないのです。



他人の責任など誰も取れません。


責任というのは、現実を受け止めることです。


人の現実を代わってあげることはできないのです。


もし、身体をこわしたとしたら


どうやって責任をとるのでしょうか?


身体を入れ替えますか?



そんな事はできないのは自明の理です。


出来ることといえば、お金を出すことくらいです。


身体を壊した人は、お金を貰っても


辛い事には変わりません。


そのお金も自分のお金ではないのです。


自分のお金は出さず、自分は何も痛い思いはしません。


それは、例えお金で責任を取りますと言っても


何も責任は取っていないという事です。


本当にあなたの事を考えている人は


責任を取りますとは言わないのです。


あなたに自分で考える資料をしっかりと出して来ます。


何かを勧める時には、しっかりと


メリットとデメリットを提示します。


そのうえで、あなたがどうするかを聞きます。


あなたの意思を尊重します。



国のトップは中間管理職です。


国の上にもっと大きな組織があります。


その組織のトップが国のトップ(中間管理職)に


指示を出すのです。


中間管理職はなんとしてもその指示に従い


結果を出さなければいけません。


そうしなければ、自分の身が危うくなるからです。


ですから、中間管理職の人たちは人々のことなど


まったく考えていません。


その中間管理職の人たちの実態が


どんどん目に見えてきているのです。


いままで隠されてきたことが


どんどん隠せなくなって来ているのです。


そして、それを見るにつけ


自分で考えなければいけないと思えるようになります。


誰も自分の身体、命、生活に責任は取ってくれない。


取りようがない・・という事が分かって来ると


思考が変わります。


すべてのことを自分のこととして


考えられるようになります。


人任せにしていたことを


それでは自分のことを守れないと思うことができるのです。


ここが一番大切なのです。


自分の生活は自分で守る・・


自分の現実は自分で創っている


と分かることがとても大切なのです。


その大切なことが分かって来ています。


ここ何年かの大きな騒動によって


人々の思考が変わって来ているのです。


固まっていた思考にヒビが入り


そこから動き出したのです。


これからヒビはもっと大きくなっていきます。


ヒビが大きくなれば、思考がどんどん変わっていきます。


人々の思考がどんどん変わっていけば


社会はおのずと変わっていきます。


そして、グルんとひっくり返るのです。


いまその転換期です。


あなたにとって遅々として進まず


本当にひっくり返るの?本当に過渡期なの?


転換期なの?とイライラしているかもしれませんが


長い目で見ればほんのわずかな時間なのです。


だから、彼らにもっとやってもらってください。


彼らが人々の思考の変化に気づかず


もっとやればやるほど


人々の目にいろいろなものが見えてきます。


言葉遊びで逃げ切ろうとすればするほど


言葉の裏側が見えてきます。


彼らの本心が聴こえてくるのです。


もし、責任は取ります・・と言われたら


どうやって責任を取ってくれますか?


と具体的な方法を聞いてみてください。


そうすれば、本質的な責任は取れない


という事が分かります。


お金をもらっても、あなたの人生の責任は


取れないという事が分かります。


あなたと変わって、あなたの現実を受け入れることが


できないという事が分かります。



一番大切なこと・・


あなたの現実はあなたが責任を取るしかないのです。


誰もあなたの現実に責任など取れないのです。


責任とは自分の現実を受け入れるという事です。


だから、自分の現実は自分で責任を持って


創ってください。・・という事です。


あなたに愛をこめてお伝えいたします


ありがとう、アシュタール! 


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

社会・政治問題ランキング ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチでこのブログを育ててね、よろしくお願いします!


                                                      
===============================================

破・常識屋出版からはじめて出す書籍は・・・


「日本列島から日本人が消える日」
上・下巻
 で~す^0^


アマゾンにて予約受付中です!
本の写真をクリックしてくださいね!









 

ご予約はこちらから・・画像をクリックしてね~

==============================================








こちらの写真をポチッとするとアマゾンに飛びます。




  身体を持って次の次元へ行く 1  2




 2  


本の写真をクリックしてくださいね!


==========================

スポンサーサイト



<< 自分の力を信じてくださいbyアシュタール | ホーム | 静かな時間を持つようにしてbyアシュタール >>


コメント

いよっ、待ってました❗️

ブログランキング1位返り咲き、おめでとうございま〜す㊗️🎊🍾

自分の生活は自分で守る、自分の現実は自分で創っている。とわかる事が大切なんですね。

ここが一番大切なのです。

 
 
 
二極化の~ を観られた 一視聴者さまのコメントです。

↓↓↓

―――――――――――――――――――――――――

丸い社会というより
株式会社じょうもんの麓の経営についての説明?
ただ同じ思考の方が集まってという事は解るのですが
縄文の時のようにみんなが好きな事をして提供し合うというよりも
お金を稼いで好きな事できるようにしましょうって感じて結局はお金が必要な状況は変わらいままなのかなと感じました(まぁすぐにはそうはできないのは分かりますが…)
丸い社会を目指しているのか
じょうもんの麓を株式会社としてどこまで分野を広げて行けるのを目指しているのか
なんだかよく分からなくなりました


ここまで
―――――――――――――――――――――――――



こういうコンポった御意見に 対等の立場 で向き合い、速やかに対応していくことこそ 大切なのです♪
(^^)





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム