M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

秀吉の死!

今日の 破・常識!


秀吉は 自然死だった!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 59


信長の真実の野望(秀吉編)! 22


豊臣秀吉は 自分の死期が近づいているのを感じていたのです。

1598年 秀吉は この世を去りました。

死因については 現在の資料では 不明だそうですけど・・・

気になったんで さくやさんに聞いてみると、

寿命をまっとうし 身体の不調により突然倒れ 

一週間もせずに 息を引き取ったそうです。


最近 資料に不明な点があると 

誰かに暗殺されたんじゃないのか?・・

みたいに勘ぐる癖がついちゃったみたいなんですけど(笑)

秀吉に関しては 事件的なことはありませんでしたぁ~~(汗)


秀吉は 亡くなる半年前に 

京都の醍醐寺において、秀頼 北政所(ねね) 淀殿ら

近親の者をはじめ 諸大名から その配下の者など約1300名を従え

盛大に花見の宴を催しました(醍醐の花見)


その花見の席で 秀吉から盃を受ける順で 

ちょっとしたエピソードがありました。

当然 正室の北政所(ねね)が 

最初に盃を受けるところなんですが、

ここで なんと 淀殿が一番先に受ける権利が私にはある!・・

と宣言したのです。


これには みんなが驚いた!


淀殿は、 たしかに北の政所は正室かもしれない・・

でも、世継ぎの母である私のほうが 

今では 北政所より立場的には上なのだから

最初に盃を受けるのは 当然私である・・と主張したのです。

世継ぎの母として 権力を持っている・・日ごろから 勘違いをしていた

淀殿にとって 当たり前のことを主張したまでだったのですが・・


これは さすがの家臣たちにも 受け入れられない行動だったのです。


順列を大切にするその頃の風習において あまりに礼儀をわきまえない

淀殿のふるまいに 家臣たちも あきれて ドンびきました。


そして 世継ぎになる秀頼の後ろに このような淀殿が付いている・・

ということに 秀吉の亡き後に対して 一抹の不安を感じさせたのです。


ここで 北政所(ねね)は あっさり 身を引き 

「どうぞ お先に・・」という態度を貫きました。


この二人の間に入って 当事者である秀吉が この出来事に対して

とっさに どのような行動を起こすか・・じっと見ていました。


さすがです! 秀吉は この時 淀殿に向かって

「それは 違う! 北政所が先だ! どんなに後継ぎの母であろうと

北政所が正室であり 順としては淀より先だということを 金輪際

忘れてはならない!」と 諭したのです。


この小さな出来事が 後々に響いてくるのです。

この後 秀吉が亡くなり その後継者を決める段になって、

家臣たちの不評を買った淀殿の味方につく人が減り 

家康方に流れたのです。


秀吉の亡き後 正式に世継ぎを決める段になって 

この出来事が大きく響き

秀頼・・というよりも 淀殿に従いたくない・・

という声が大きくなってきました。

それを聞いて 信長との約束を反故にした秀吉、

血筋による家督相続を 面白くなく思っていた家康は 

北政所の支持を得て 秀頼の後継を認めない・・

という態度に出たのです。

それが 関ヶ原の戦いへと 流れていくことになるのです。


・・・ということで 次回からは 

信長の真実の野望(家康編)!に入ります。




読者の皆様いつもありがとうございます!

おかげさまでトップ10内をキープさせていただいてます。

参加しているこのジャンルは、ビックブロガーばかりで

毎日、動きが激しいところです。 

それゆえにたくさんの方々の目にふれるチャンスがあります!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!


新しい読者の皆様、このブログの記事を読んで

ハートに響く 何かがありましたら

応援ポチ、どうぞよろしくお願いいたします。

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!



スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 徳川家康の本音! | ホーム | 秀吉の禁教令! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム