ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

家康の新しいシナリオ!

今日の 破・常識!


家康、信長と鬼となる覚悟!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 61


信長の真実の野望(家康編)! 24


徳川家康は動きました!

豊臣家に天下を任せるわけにはいかないのです。

家康の新しいシナリオとは・・・

まず 家康が豊臣家に代わり 天下を治める。

これしかないのです!

信長の思いを実現するために 秀吉を天下人にするため支えてきた

家康自身が、その豊臣家に代わり天下人となり、皆が仲良く暮らせる

平和な国づくりを自らの手で成し遂げなければならない・・・

そう考えたのです。


それを実現するには かなり難しい状況であることも家康は

分かっていました。

豊臣家と対立し 自分が天下を目指すことは 少なくとも天下が

真っ二つに分かれ いずれ戦いになることは想像できました。

しかし その過程を避けては通れなかったのです。

無駄な戦いはなるべくしないように 

仲間を増やしていくことから始めなければなりません。

光秀(天海和尚)にも相談して 

二人で新しいシナリオを作り 動き始めたのです。


家康は まず自分の想いを各大名に伝え 

理解してもらわなければならないのです。

家康は 考えました。

信長の想いを引き継ぎ 理想の国づくりを進めるために

私が 天下を取る・・・とは 決して言えないんです。

家康は ごちゃごちゃ説明が要らないシンプルな話に決めました。


家康・・・ 

「私は 信長公、秀吉公 亡き後 

昔からの夢であった天下人になりたいと思います。

信長公 秀吉公には 家臣としてお仕えしましたが、

豊臣秀頼の家臣として

お仕えするつもりは ありません。

私は 順番を待っていたのです。

次は 私が 天下人となり この国を治めます。」・・・と!


家康は 一番最初に秀吉の正室である 北政所(ねね)に会い

自分の想いを伝えたのです。

ねねは 家康の目をじっと見つめながら 彼の言葉に耳を傾けました。

ねねは 信長とも親しい間柄で 

家康のことも昔からよく知っていました。

家康の言葉を聞きながら 

彼の本心の波動(エネルギー)を感じていたのです。

家康が 権力欲のために動く男ではないことは 

ねねは 心の底からわかっていたのです。

だからこそ 家康の天下人になりたい・・

という思いを受け入れ支持したのです。

家康は ねねの心遣いに感謝の気持ちでいっぱいでした。


家康は 精力的に動き 話が出来そうな大名たちに 

直接 思いを伝えていきました。


そして 1595年に 秀吉により禁止と定められた 

大名家同士の婚姻を行うことで 自分のまわりを固めていき

近い将来 必ず起こるであろう天下分け目の戦いに備えたのです!



読者の皆様いつもありがとうございます!

おかげさまでトップ10内をキープさせていただいてます。

参加しているこのジャンルは、ビックブロガーばかりで

毎日、動きが激しいところです。 

それゆえにたくさんの方々の目にふれるチャンスがあります!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!


新しい読者の皆様、このブログの記事を読んで

ハートに響く 何かがありましたら

応援ポチ、どうぞよろしくお願いいたします。

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 石田三成と淀殿! | ホーム | 徳川家康の本音! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム