ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

伊達政宗の美学とは!

今日の 破・常識!


家康は かっこいい!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 64


信長の真実の野望(家康編)! 26


1603年  徳川家康は 征夷大将軍となり 

武家の棟梁として 地位を確立

1614年  大阪冬の陣

1615年  大阪夏の陣


により 豊臣氏は事実上滅亡


関ヶ原の戦いに勝ったことで 家康は天下を統一し 

その後 征夷大将軍となり 天下人となったのです。

しかし 家康には まだやらなければならないことがありました。

それは 豊臣氏をどうするのか?

豊臣氏は 一大名の位置に転落したとはいえ 

なお特別の地位を保持しており 

実質的には 徳川氏の支配下には入っていなかったのです。

家康は 悩みました。

このまま 豊臣氏を存続させて置くと 

いつか必ず豊臣氏の再興を理由にして

また 権力を欲する大名による争いが起こるに違いないと・・・

家康は もう戦乱の世に戻すことはできないのです。

家康は 鬼となりました。

豊臣氏を 滅ぼすことに決めたのです。

そして 大阪 冬の陣 夏の陣により 豊臣氏は滅亡し

徳川家康の新しい国づくりが始まったのです。


これにより 信長の想いから始まった新しい国づくりのシナリオが・・・

秀吉により 違う方向へ行きかけたシナリオが 

家康の手により 方向修正されたのです。


26回に渡ってお送りしました 

信長の真実の野望シリーズは これで終わります。


次回からは もとの 

テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! シリーズに戻り

江戸時代から 続けていこうと思います。



今日は さくやさんから面白い話を教えてもらいました。

伊達政宗・・・についてで~~す。

この時代の 有名な武将ですよね。

正宗って、カッコイイ(格好いい)を 

追及していた生きていた人物なんだそうですよ。


カッコイイとは、見かけだけじゃないんです。

生きざまに関して 徹底的にカッコイイを追及した人物でした。

それは 他の人の基準は全く関係なく 

彼の中にある”美学”だけが基準なんです。


例えば、彼の中では 

徳川家康は めちゃくちゃカッコイイ存在でした。

秀吉は、生き様が カッコワルイ、

ダサい(女性問題に対して特にそう思っていました)。

信長は 確かにカッコイイんだけど 

彼の中の美学では 家康のほうが

もっと カッコイイ存在だったようです。


正宗は この3人の裏でのつながりは まったく知らないので、

信長の本心はわからなかったから 

信長の冷たさに 美学は感じなかったそうです。


とにかく 家康がカッコイイ!!

カッコイイ家康に 天下を取ってほしい・・と 切に思いました。

ここにも 正宗の美学があったのです。

正宗は 自分を知っていました。

自分の性格、境遇では 

一番手としてセンターに立つのは役不足である。

自分は 2番手として輝くキャラクターだと 考えていました。

自らの器を知らずに トップに立とうと願うのは カッコワルイこと・・

自分が天下を狙うのは 自分の美学に反するのでした。


で、自分が2番手として輝くために 正宗は 一番手としてカッコイイと

認めた家康を 支え 天下を取らせることにしたのです。


慶長遣欧使節を 正宗は派遣しているのですが 

それは 家康に頼まれたそうなんです。

家康は 外国(ナーガ レプティリアン系の国)の

現状が知りたかったのです。

敵を知らなければ 対処法がわからない・・

ということで 正宗に頼みました。

家康は 天下人として 

外国に対して積極的に動くことが出来なかったので、

一大名の正宗に 探ってもらうよう頼んだのです。

ここでも 家康と正宗の関係が良好だったことがうかがわれます。


それにしても 正宗って、面白いキャラクターですね。

自分の美学を徹底して それを貫く・・というのは 

ある意味素晴らしい生き方だと

私は 思います。




読者の皆様いつもありがとうございます!

おかげさまでトップ10内をキープさせていただいてます。

参加しているこのジャンルは、ビックブロガーばかりで

毎日、動きが激しいところです。 

それゆえにたくさんの方々の目にふれるチャンスがあります!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!


新しい読者の皆様、このブログの記事を読んで

ハートに響く 何かがありましたら

応援ポチ、どうぞよろしくお願いいたします。

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 江戸時代・・裏に隠された真実! | ホーム | 関ヶ原の戦い! >>


コメント

疑問に思う事

興味深く拝読させていただいておりますが、今日のお話を読んで、
立ち止まってしまいました。家康は、血筋による家督相続を面白くなく思っていたはずなのに、どうして徳川は慶喜まで世襲が続いたのでしょうか?

↑上の疑問に同感

うん、そう思った。

特定の家系が世襲していったら、信長の懸念通り、政治が落ちぶれちゃうと思うしし、それが徳川家=江戸時代の圧政みたいなイメージがあったけど、どうなんですか?

これはすごいな

ここまでの文章は知識のたくわえが沢山ないと書けませんね(*^_^*)

たぶん、知識をたくさん絞らないと、ここまでわかりやすくならないでしょう。

ブラボー(ノ´∀`*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム