M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

意識がテラ(地球)に来てbyアシュタール

今日の破・常識!



今年のテーマは、自画自賛!・・・らしい(笑)



今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!


あけましておめでとうございます。

今年も どうぞよろしくお願いいたします。


昨年は、本当にありがとうございました。

毎日このブログを読んでいただき、コメント、応援ポチ

そしてワークショップに2冊の本の出版、

またMuu Free Clubにじょうもん楽座

読者の皆様のおかげで楽しく活動することができました。


チーム ミナミAアシュタールの1パーセントプロジェクト

日本国民の130万人の方ににアシュタール、さくやさんからの

メッセージを届けたいと思って活動しています。

今年も楽しんで破・常識に爆走?暴走?突っ走っていきま~す(笑)

で、今年のテーマは、自画自賛。

やはりセルフイメージの低い方が多いみたいなんで・・

ま、長年学校教育を受けてきたからしょうがないですけど・・

セルフイメージを低くするために、意図的につくられてるものだから。

でも、波動(エネルギー)使いになるには、

なんとかセルフイメージを高くしないとね。

そのためには、自分で自分をほめる、認める、好きになる・・

これしかないのだ!とにかく他人の目、評価は関係なし!

ひたすら、毎日、自画自賛!これでいい!・・・らしい(笑)



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

テラにいる存在は、すべて意識から出来ました。

意識が先にテラに来たのです。

そしてその意識が物理的な身体をテラの上に創造したのです。

たとえばイルカは何かから進化したのではなく、

イルカの意識がテラに来て

そして海の中が、その意識にとって気持ちの良い場所だったので

海の中で暮らすことを決め そこに適した身体を創造したのです。

というか、もともとイルカ族?イルカの意識?身体?がいた惑星から

意識としてテラに来てイルカ族?の形?身体を

創造したってことになります。迷子になりましたか?


宇宙にはたくさんの惑星があります。

そして宇宙にはたくさんの次元があります。

そして、たくさんの意識がいます。

物質次元の考え方ではなかなか理解できないかもしれませんが、

多次元の宇宙があり 物質ではなく

エネルギー体でいる存在たちもたくさんいるのです。

でもエネルギー体でもまだ形を残しているエネルギー体もいます。

半霊半物質と言われる存在たちですね。

彼らは、自分の意志(思考エネルギー)で、

物質化することが出来るのです。

波動(周波数?)を変えることで

エネルギーを固体化することが出来ます。

固体化する時に もともとの形になることが多いのです。

イルカ族?は、イルカの形に、ネコ族はネコの形を

選択することが多いのです。


そして、そのエネルギー体が身体を持った経験をしてみたいと思って

物質次元へエネルギーを固体化したのが動物たちということになります。

テラにいた何かが(プランクトン?何かの蛋白質?)

それぞれの環境に適するように進化していって

それぞれの身体をつくっていったのではありません。

イルカ族?は、イルカ族の意識がテラに来て

海の中でイルカの姿を創造したのです。

昆虫もそうです。植物もそうですね。

鉱物(石など)は、少し違って

テラの意識が創造したものがほとんどです。

時には宇宙意識が鉱物となっていることもありますが・・・


最初にテラにいろいろな形の身体を創造したのは、

他の惑星から来た意識だということです。

みんな物質次元を楽しみに遊びに来たのです。


人類は、ヒューマノイド系の意識が

テラに来て類人(猿人?)の姿になったのです。

そこに物質的なレプティリアン(爬虫類人族?)たちが来て 

自分たちのDNAとその類人のDNAを操作して創造したのです。

すこし他の動物たちと発生の仕方は違いますが、

でも、もともとはヒューマノイド系の宇宙人の意識だということです。


すべて意識が先なのです。

もちろん、テラの環境は時によって変化しますので

その変化に合わせて身体を変化させるということはあります。

ですから、意識がテラに来て身体をつくったそのままで

ずっといることは無いですが・・

ほとんどそんなに変わらずにDNAは次々に伝えられていくのです。

ネコ族が、イルカ族になることはないということですね。

でも意識(個性のエネルギー)は自由ですので、

イルカ族の形を楽しんだあと、また物質次元を楽しみたいと思ったら

今度はネコ族の形をとることもあります。


これは、最初にテラにイルカやネコや他の動物たちの形?身体?が

どうやって出来たか・・と言うお話しをしているだけですので、

そこは誤解しないでくださいね。

意識は自由なのです。何の制限もありません。

そして人類も動物たちも昆虫たちも植物たちも鉱物たちも 

同じように意識を持っているということです。

というか、意識が人類であり動物であり

昆虫であり植物であり鉱物なのです。


今日の話はマインドで考えても理解できないことだと思いますので、

とにかくこんな話もあるんだなぁ~~くらいで

聞いていただければうれしいです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。」




ありがとう アシュタール!


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

<< 先入観は、思考ですbyアシュタール | ホーム | その兆しは確実にはじまっているbyアシュタール >>


コメント

知恵の祭典ですね

美味しいお煎餅を見つけたら分け合わずにはいられない性格です。
独占なんてできません。

「出来ない事よりも出来ることにフォーカスする」その言葉を聞いて、どうやって出来る事を知ろうか・・・。

そう、考えに考え抜いて、調べに調べ抜きました。

その結果

http://www.16personalities.com/ja

というものを見つけました

こ・れ、当たり過ぎてものすごい事になってました。

タイプは「分析家・外交官・番人・探検家」のカテゴリーに分かれていて、同じカテゴリーに属する人だと話が合うのかもしれません

私は「論理学者タイプ」でした。
社会に3%しかいない「珍獣」らしいです。

これは無理だな・・・どうあがいても普通に過ごしてたら「引きこもり」になるし、人間不信にもなるわ。

よ~~~し、これから人間不信を克服するため自分と討論してきます。

そして、堂々と皆さんに得たものを還元するつもりです。

余談:織田信長さん、もしかしたら「指揮官」タイプかもしれません。
少なくとも、分析家のカテゴリーに所属している気がするんです。

私もブログで拡散しますので、この情報もし良かったら使ってみてください。


この診断

この診断、難しい字があると読みにくい人には辛いかも。

読みにくい人にはマイルドに手直しして、読みやすくしてあげよっと♪

診断結果の活かし方知りたい人・・・知ってる人なら動物に例えたりすれば分かるな~~

後は興味のベクトルがどっちに向いてるかで決まるな

余談
そして、あの診断の中に歴史上で似ている人物が表示されるのですが・・・私の診断結果にはいなかった。

くっ、アニメキャラならどんな感じでやればいいのか理解出来るんだけどな(。>0<。)

仕方がないから、一番ましなソクラテスのウィキ見て判断しよう。

以上の診断を踏まえた動物診断

『カピバラさん』
そう判断した理由は長くなるから、サロン予約して、行ったとき話すわ。

苦手なことだけ書きます

『2つのことを同時にやること』
一人の人とお話しているときに、横から話しかけると、混乱するので緊急じゃない場合は、話終わるのを待ってください。

『制限時間があるもの』
のんびり屋なので制限時間があるものが苦手です。
特に人との会話で、いきなり長い説明を求められると出来ません。
カンペが必要です。

あと、すごくドジ
これのせいでピラミッド社会には、居られないんです。

中身は子供なので、ピラミッドの思想に染まってる方からは『クソガキ』と呼ばれて嫌われます。

なぜなら、みんな嘘をついてるから。
私は嘘をつくのが嫌いなので、嘘つきを見分けられます。

アシュタールさんたちのメッセージをお供にすれば完全に論破してみせます

架空の人物いたよ

チーム・バチスタシリーズの白鳥圭介と…。

『ジェネラル・ルージュ』に出てくる速水晄一(こういち…変換できない)

両者ともに論破と交渉をライフワークにしてるんですよね。

前者が論破優先、後者は交渉優先。

両者の弱点を例えるなら『手加減ができない暴走列車』

私は両刀です(*´∀`)

ピラミッドさんの論法を論破するにはアクティブフェイズとパッシブフェイズを理解するしかない。

彼らのフィールド(テレビ)に入るためにはそれくらいできなくちゃいけません。

もうすでに理論は完成しました。
場合によっては50通りくらい作れるな。

取り敢えず、フェイズについては検索すれば出てきます。

今日はここまでです。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム