M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

ストレスを生み出す、人ごみbyアシュタール

今日の破・常識!



ひとところに人が集まる大都会などは 

ストレスを生み出すだけ。

ご機嫌でいるためには、人ごみから離れたほうがいい・・・らしい(笑)





今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト!          あなたの応援のポチで このブログを育ててね、よろしくお願いします!



今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなた達の身体のまわりには、エネルギーフィールドがあります。

物質的な目には見えませんが確かに存在しているのです。

たとえばベンチに腰掛ける時知らない人同士でしたら 

隅と隅に座りますよね。隣に座ることはないと思います。

そして次に座る人は等分の距離をあけて真ん中に座ると思います。

それはエネルギーフィールドを感じているからなのです。

なるべく自分のフィールドに人が入らないようにと

無意識に思っているからです。

自分のエネルギーのテリトリーとも言えますね。

自分のテリトリーに違う人のエネルギーが入ってくると

とても違和感を感じます。


親しい人、パートナーや家族や友達などは

テリトリーに入ってもそう違和感は感じませんが・・(親しい人と言うのは、

エネルギーが似ているので違和感がそう無いのです)

知らない人やエネルギーが合わない人が近くに来ると 

距離を取りたくなるのはそのためです。

エネルギーフィールドでは直接的に情報を受け取ってしまいます。

テレパシーとはちょっと違う感じで

その人の情報のやり取りをしているのです。

1人ならばまだいいのですが、たくさんの人が

あなたのエネルギーフィールドに入ってくると

たくさんの人の情報を受け取ることになってしまいますので、

とてもストレスを感じます。

これが人ごみの中や混んだ電車に乗ると気持ちが悪くなったり

頭が痛くなったりする原因になります。

パニック障害と言われる症状もこれが原因です。


混雑するところにいることは、ものすごくストレスになるのです。

波動、エネルギーのことを知っている文明は、

あなた達のような密集した文明はつくりません。

ひとところに人が集まる大都会などは 

ストレスを生み出すだけなのです。

ご機嫌でいるためには、人ごみから離れてください。

あなたのテリトリーを保てるところにいるようにしてください。

あなた達を支配・コントロールしている人たちは 

このストレスをよく知っています。

ですから人々を意図的にひとところに集めるのです。

都会に人びとを呼び込もうとするのです。


あなた達の支配者がつくっているピラミッド社会は

あなた達を幸せにするシステムでは無いのです。

反対にあなた達のネガティブなエネルギーを

搾取するためにつくられているシステムなのです。

ですから、このように意図的に人を大都会に集め

ストレスをかけているということをわかってください。

なるべくストレスがかからないように

あなたのエネルギーフィールドを

保っていられるところに行ってください。

かなりストレスは軽減されると思います。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」




ありがとう アシュタール!


人気ブログランキング 

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!

      

スポンサーサイト

<< みんな一緒でなくていいんですbyアシュタール | ホーム | 一番を選ぶ権利があるbyアシュタール >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム