M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

葛飾北斎の能力!

今日の 破・常識!


北斎は 目に見えるものを描いていなかった!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 85




江戸時代の人間って クネクネしていたそうです!・・

な~~んてね(笑)


すみません 冗談です!


さくやさんに聞いたところ 

江戸時代に そういう書き方が流行っていただけだそうです(笑)


北斎って かなりぶっ飛んだ人物だったみたい(笑)

人生において 93回も引っ越したことがあるそうです。

一日に 3回引っ越したこともあるそうです。

「汚れた衣服で机に向かい 近くに食べ物の包みが散らかしてある。

娘も そのごみの中に座って絵を描いていた」

「9月下旬から 4月上旬までは こたつに入り続け 

どんな人が訪れようとも 絵を描くときも こたつから出ることはなく

疲れたら横のまくらで寝るし

目が覚めたら絵を描き続ける。昼夜これを続けた」

などの証言が残っているそうです。


さくやさんにも 北斎について教えてもらいました。

北斎って 超感覚の持ち主だったそうですよ。

その能力とは・・・

瞬間記憶能力・・っていうんですかね、

見たものを 一枚の写真として記憶出来るんです。

瞬間記憶能力については 現代では いろんな説明がされていますが、

北斎は 自分が残したい瞬間、自分の感性にあった瞬間、を

意識して その瞬間を写真の様に記憶することが出来ました。


だから 写生をしなくても 自分の記憶の中にある写真をみながら

いつでも絵を描くことが出来たのです。

その写真をみながら 構図や色は 

北斎の感性で自由に表現されていました。


北斎の絵が 現代でも人気があるのは 

個性的な能力と 個性的な表現が

見事に調和された作品に 

魂が揺さぶられる人々が多いからではないでしょうか?


江戸時代の文化については、

過去記事

松尾芭蕉の本当の顔

江戸時代の美術!

も合わせてお読みくださいね



人気ブログランキング 

トップ 10 内に戻れました!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、


今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!

新しい読者の皆様、このブログの記事を読んで

ハートに響く 何かがありましたら

応援ポチ、どうぞよろしくお願いいたします。

芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いします!



スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 忍者とは! | ホーム | 江戸城についての真実! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム