M会員の登録は、こちらから!

muufreeclub 写真 じょうもん楽座 写真2 ミナミAアシュタール 出版本 ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

ムーとアトランティスの倫理観の違い!

今日の 破・常識!

どちらの波動(エネルギー)を 意図するのか!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 17


縄文時代初期について 何回かにわたりお話してきました。

日本の歴史教育の中で 教科書では絶対に教えていない内容を

5次元の存在である このはなさくやひめ(さくや)さんから

教えてもらいました。

私は これが真実だと思い お伝えしています。

しかし この話をあなたが 真実と受け取るかどうかは 

あなたの選択なのです。


前にも 言いましたが・・・

現在 私たちの日本がなぜこのような状況にあるのかを

理解するには 日本の真実の歴史を知ることで 

すべてが明らかになるんです。

そして 歴史を知り 

この先の未来を創造していかなければならないと考えます。


また真実の歴史と同じく 波動(エネルギー)についても 

正しく認識することが

今 とても大切だと考えます。


ムー大陸と アトランティス大陸 という二つの文明の中に

ムーの文明の波動(エネルギー)と 

アトランティス文明の波動(エネルギー)という

かなり理解しがたい内容も含まれていますが 

私たちは マインド(頭)で考えるのではなく

ハート(心)で どう感じるのか? という選択が必要なのです。


現在 人類は アトランティス文明の中にいます。

ピラミッド社会の中に組み込まれ 

奴隷のように 一部のものに支配されているのです。

だから ムーの文明や 縄文時代の人々のように 

愛と調和の 精妙な波動の中で

自由に 楽しく活き活きと生きるのが 難しいのです。 

しかし その真実を知り 

あなたがどちらの波動(エネルギー)を選ぶかで

あなたが創造する未来を変えられるのです。


愛の精妙な波動(エネルギー)を意図するのか?

恐怖や不安の波動(エネルギー)の中にいることを意図するのか?

という選択なのです。

そして もし あなたが 

愛の精妙な波動(エネルギー)を選んだならば

自分の波動が下がることのないよう 常に自分の中をチェックし

波動の合わないものから 遠ざかることが大切なのです。


このことについては 
ミナミのライトらいとライフ
 で、

アシュタールも話してくれています。

しかし 最近 ミナミさんのブログに

このような質問が来るようになりました。


「嫌なこと 合わない相手から離れることは 

時として 自分自身の学びや

成長を放棄することにつながりませんか?」・・・と。


このような考え方こそ 

アトランティス文明を受け継ぐ社会構造の中で

私達 人間が長い間 刷り込まれてきた毒なのです。


人間は つらい経験をすることで 成長する・・とか、

今 苦しみの中で我慢することで 

未来が素晴らしいものになる…など。


アトランティス文明では、レプティリアンは 

自分たちを神の存在として認識させ、

人間たちを 神に仕える奴隷として 支配してきたのです。

しかし 一般の人間たちには 

自分たちを奴隷だと認識させないよう

うまくコントロールしました。

人間を 神に仕えるしもべ・神の子 として認識させ

今 苦しみを乗り越えれば 明るい楽しい未来がある・・

という教えを説きレプティリアンや 

支配者に都合のいいように コントロールしてきたのです。


天国 と 地獄 という幻想(空手形)を持ち出し 

今の苦しみを我慢し経験し 成長すれば 

天国に行けるんだという倫理観を刷り込んだんです。


また 自分の魂 ハートの声を聞き 

自由を望むことは 悪だと刷り込み

神に従わなければ 地獄に落ちる・・

という恐怖による支配を行ってきたのです。


それが 現在の世界の状況であり 

まさしく 私たちの国 日本でも

そのような倫理観を教育などで 刷り込んでいるのです。

自分の魂を ガリガリ削ることで 成長があるのではありません。

自分の波動に合わないところや 嫌なことを我慢することが

反対に波動を下げることになるのです。

そこには 愛がないからです。

嫌なところにいることで 

いつも 嫌だ 嫌だ・・と苦しむことで

ネガティブな思考を生み出すことになるのです。


何度も言いますが その刷り込まれた毒を これからも飲み続け

苦しみの中で 耐えて生きていくのか?


その毒に気づき それを手放し 

ハートの声を聴き ムーの波動の世界へ

進むのかは あなた次第です。


このブログの内容は 

ムーの波動の世界へ進むことを意図した

あなたにお伝えしているのです!  




いつもありがとうございます!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文人が 世界へ・・・!

今日の 破・常識!

日本語が 文字のはじまり!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 16


ムーの文明の波動を受け継いできた縄文人が

絵文字を考え 作り出した・・・

それが 言語を文字にしたはじまりなのです。

アトランティス文明の流れを受け継ぐ地域では、

その時代(縄文時代初期)には 文字というものはありません。

そして 支配者たちは アトランティスの人々に 

文字というものを作らせないようにしていたのです。

それは なぜか?


ここで ムーとアトランティスの話に戻ります。

ムー大陸の人間たちは 文字を使っていました。

しかし アトランティス大陸では 神官(上層部)だけしか

文字を使っていなかったんです。

文字を使うと 知性が芽生え いろんなことを記録し

個人の考えが他の人々に伝わるようになる・・・

それを 嫌がったのです。


ということで・・・

縄文時代初期、縄文人は 

ムーの文明の流れを受け継いでいたので、

当然 文字というものを作り出し 

自由に使うことができたのです。

しかし 他の地域は 

アトランティス文明の流れを受け継いでいるので

文字を使えたのは 神官(上層部)だけで 

一般の人々は 当然教えてもらえなかったし 

また、書くという行為自体 

禁止されているようなものでした。

つまり、地球上で文字を言語として自由に使い始めたのは

間違いなく 日本が最初であり 縄文人が作ったものなのです!


少し 世界に目を向けてみましょう!

日本語に似た言語が 日本から遠く離れた地域で話されている・・・

という話を あなたは聞いたことがありませんか?

私も ちょっと調べただけですけど いろんな方々の いろんな説が

あるようですねぇ~~!

これって どういうことか さくやさんに聞いてみたら・・・

超アルレロ~~~(驚)!!


縄文時代の初期の頃 地球の波動が下がり始めたので

波動(エネルギー)の流れを整え バランスをとるために

ドラコニアン(水棲 龍族)が 宇宙船で連れていき

世界の拠点(エネルギースポット)に

縄文人を定住させたのです。

エネルギーの管理人として・・・

もちろん 無理やり連れて行ったんじゃないですよ~~(笑)

縄文人たちは必要とされれば、私がお役に立つのなら・・と、

喜んで その仕事を引き受けたんです!


その主な拠点(エネルギースポット)とは?

ヒマラヤ山脈(チベット)

アラスカ(アメリカ)

セドナ(アメリカ アリゾナ州)

ウルル エアーズロック(オーストラリア)

シナイ山(イスラエル)

アンデス山脈(南米)

南極

など・・・他にもありますが、こんな感じです。


ここで さくやさんが

「今までの歴史の中で、また 現在においても、この地域の民族が

どのような扱いを受けて来たのか?・・

どうして いまだに このような扱いを受けているのか?・・

これで わかるでしょう・・

もちろん 日本も 沖縄も ・・ね!」
 ・・だって(汗)!


アトランティスの支配者たちに 知られないよう 

そっと移住したんだって!

そりゃそうですよねぇ~~(笑)


この拠点の近くにいた民族は、

ムーの波動を受け継いだ縄文人の子孫なんですよ~~!

だから 文字を知っているし 書くこともできたんです。

縄文時代の後期までの長い間に 文字を使う民族(縄文人)から

そこに近い地域の人々は 教えてもらって次第に自分たちの言語を

文字として書くようになったのです。


その広がりは さすがに支配者たちも食い止めることが

できなかったんですねぇ~~~、

まさしく 今のインターネットのようなものです。


その文字を教えた人々(縄文人)の言語は 日本語だったのです。

それが 長い間に少しづつ変化はしたものの 日本語に似た言葉が

残ったのは 当然のことのように思えます。




いつもありがとうございます!

ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文初期・・名前はあったのか?

あけましておめでとうございます

今年も、突っ走っていきます!

ただいま縄文時代についてお伝えしておりますが、

この後、江戸時代までの真実の歴史を

毎日お伝えして行きます!

本年も どうぞよろしくお願いいたします。



では、今日の 破・常識!


日本語のルーツ!・・ギリギリのチャレンジ(笑)!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 15


きのうの さくやさんの話・・あなたは 読んでどう思いましたか?

私は 読んでて涙が出てきました・・・

なんか ハートがウルウルしちゃって・・ほんと 最近よく泣くんです(笑)



で、素朴な疑問がわいたので 聞いてみました。

縄文人に それぞれ名前はあったの?・・・って、


縄文時代に 名前を呼び合うことはなかったのです。

なぜなら 波動(エネルギー)で、それぞれの人の違いを認識できたからなんです。

そして 相手に呼びかけるときは 波動(エネルギー)で 呼びかけていました。

自分が話したい相手に ”ねぇ”・・という波動を送ると、

それを受け取った相手は ”なに?”・・って、感じで振り向くみたいな・・

まぁ、テレパシーですよね。

縄文初期の頃は 同じ3次元でも 現在の私達より波動が精妙だったし、

波動(エネルギー)のことをよく理解していたから、

また それぞれの人の個性エネルギーを感じることができたから、

名前なんかいらなかったんです。

さくやさんが言うには・・・

名前は 分離のはじまりなんだって!


でも、縄文人たちは 言葉をしゃべってたんですよ・・少しは!

ムーの文明の話の中で紹介した、長い音の言葉。

縄文初期でも その言葉を話していました。

ムーの時代に話されていた言葉が、日本語のはじまりなんです。

テレパシーを使いたいときは テレパシーを・・

言葉でしゃべりたいときには 言葉で話していたんです。

しかし イメージや言葉でうまく伝えられないことも しばしばありました。

そんな時は 絵を描いてコミュニケーションをとっていたんです。

その絵が 絵文字・・と呼ばれるものです。


例えば 山を説明するのに 丁寧に山の絵を描いていたんですって!

でも やはり個性はいろいろ・・・

私みたいに 何を描いているのかわからない

キャラクターもいたんだって(笑)

そこで みんなで簡単な表記にして 

誰でも描ける絵文字を考えだした!

それが 象形文字!

象形文字が 現在 私たちが使っている文字のはじまりなんですよ!

ここ、大事!




元旦そうそう ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文時代・・・女性は太陽!

今日の 破・常識!

縄文時代・・楽しい波動で満たされていた時代!


テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 14


さくやさんから教えてもらった縄文時代の人々の生活の様子を

もっともっとお話ししたいんだけど・・

どうも私の表現では うまく伝わらないような気がして(汗)・・

で、今日は さくやさんにお願いしましたぁ~~

さくやさんが見ていた 縄文時代の人々の暮らしで~~す!


「縄文時代の人たちは 良く働き よく笑っていたわ。

働く・・っていうのも 今とは違う感覚だけどね。

それぞれの 役割分担が上手で、得意分野で 

生き生きと働いていた。

食料を見つけるのが上手な人は 食料調達係、

家の中を きれいに保つのが好きな人は お掃除係!

子供が 好きな人は 保育係!

でも それも決まったものではなくて、

今日は これがしたい・・っていう 

その日の気分で別のことをすることもあったの。

じゃ、今日は この人がこっちをするから 

私は これね・・って、

その仕事の 人数配分がとてもスムーズに行われていたわ。


どうしてかわかるかしら??

なぜなら どの仕事も すべて大切な仕事だと思われていたから・・

今の あなたの社会のシステムのように 

この仕事のほうが、上 だの 下 だの 

つまらない概念がなかったから・・。

何をするのも 同じだけの誇りを持ってやっていたわ。


だから これが女性の仕事・・男性の仕事・・と言う概念もなかった。

まぁ、やっぱり 体力的に 力のいる仕事は 必然的に男性が、

身の回りのこまごました仕事は 女性が担うことは多かったわね。


でも こまごましたことが好きな男性もいるから 

その人は その人の好きな仕事をするし、

力仕事が得意な女性は それをする。

何も 決まり事はないの。


そして ここが 今のあなた達と違うところで、

男性が 面倒なこまごました 身の回りの仕事がしたくなくて

女性に押し付けているのではなくて・・

ただの 得意な分野として 

女性がその仕事を担っていた・・と言うこと!




だから その仕事をしてくれている女性たちに 男性たちは感謝し、

大変な力仕事をしてくれる男性たちに 女性たちは感謝をしていた。

彼らにとっては すべてが 感謝なの。


すべてに感謝してるから・・

やってもらって当たり前、やってくれないから不満・・

なんてことは全くないの。


だから 女性たちも とても のびのびとしていて 

本当によく笑ってたわ。

その輝くような笑顔を見て 男性たちも喜んでいた(笑)


今もそうなんだけどね・・男性たちは 女性の笑顔が大好き(笑)

男性たちの 元気の素は 女性の笑顔と 女性に褒められること(笑)


女性は 太陽のような存在だったのよ~~。


女性が笑うと 男性も 子供たちも 嬉しくて一緒に笑っていたわ。


そして 女性を笑わせる(楽しませる)ために 男性は おどけて見せたり

楽しい事をたくさん計画したの。


こうして いつもとっても楽しい 波動で満たされていたのよ。


そして 時間も自由で・・

その個人の体内時計で暮らしてたの。

その個人(個体)が、楽な時間に起きて 

眠くなったら寝る・・そんな生活!

よく太陽が出ると起きだして 沈むと眠る・・みたいな風に

思われているけど、そうでもなくて・・!

だって 夜も 今より月は大きくて明るかったし 

星もたくさん出ていた。

だから 結構明るかったのよ。

夜の好きな子たちは 夜をとても楽しんでいた。

でも 基本 暮らしにストレスもないし、

うまく自然からエネルギーを補給していたから 

そんなに眠らなくても元気だったの。

まぁ、好きな時に起きて 好きな時に眠る・・

それを だれも何もいわずに上手に役割分担していた・・ってことね。

時間?・・それって何?・・っていう生活だったの。


ね、イメージしているだけで ワクワクしてこない?

ハートが 喜ぶでしょ?

だって これが 

本来のあなた達の生活だったんだから・・思い出すのよね(笑)」



さくやさん 今日は どうもありがとう!


破・常識あつしの歴史ドラマ ブログの読者の皆様へ


このブログの記事も今日で15回を迎えました。

読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキング トップ 10圏内を年末のこの大晦日に

キープすることが出来ています。

そして 短い期間の間に たくさんの新しい読者の皆様の目に

ふれることができるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!

今年は 本当にお世話になりました。

皆様 よいお年をお迎えください。



で、年始も 毎日 更新するつもりです!

このまま 突っ走っていきます!!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

縄文時代・・土偶の謎!

今日の 破・常識!

縄文時代に存在した宇宙種族たち!


テラが見ていた日本の歴史の真実! 13


日本の歴史の真実の旅 先へ進むために 

どうしても押さえておいてほしい

情報をお伝えします。


この縄文時代の地球上の

いろんな地域に散らばっていた人間たちには

それぞれガイドとして宇宙種族の存在がありました。


今までは わかりやすいように 

ムー系の縄文人のガイドである ドラコニアン(水棲龍族)と

アトランティス系の人間たちの支配者である レプティリアン(爬虫類人)

の対比で話してきましたが・・・

この先 縄文時代中期から弥生時代へと進めていくために

もう少し詳しい宇宙種族のお話をします。


縄文時代初期の地球上の宇宙種族 勢力図

1、ムー文明の波動を受け継ぐ日本列島

  縄文人のガイド・・・ドラコニアン(水棲 龍族)


2、アトランティス文明を受け継ぐ世界のその他の地域

  ◆  アフリカ 南ヨーロッパ 中東 地域

     人間たちの支配者・・・レプティリアン(爬虫類人)

  ◆  北ヨーロッパ ロシア 地域

     人間たちの支配者・・・ノルディック 金髪碧眼(ヒューマノイド系)

3、インド 中国 朝鮮半島 地域

  ◆  インドでは ナーガ、

     アジア地域では 蛇系の半身蛇族

     もともとは 同じ宇宙種族であり 

ちゃんとした名前が使われていないようなので

     私は ナーガ(蛇系 半身蛇族)と呼ぶことにします。


私が 何を言いたいかというと・・

同じアジア系である大陸の ナーガ(半身蛇族)と 

日本列島のドラコニアン(水棲 龍族)は、

まったく違う意識 価値観を持っていた・・・ということを

あなたに認識してほしいんです。


大陸のアジア系の民族は 

縄文人とは全く異なった波動を持つ人間だったのです。


これが この先の日本の歴史の真実を理解する上で 

とても重要になってきます。


ちょっとだけ お話しますが・・・

縄文時代後期から 弥生時代に

大陸から渡ってきた文化というのは・・・

そのナーガ(半身蛇族)の文化なのです。

そして 日本列島の縄文人は、

その勢力に押されてしまったのですぅ~~

日本の歴史の教育で 私たちが教えられてきた

古事記、日本書紀、は

そのナーガ(半身蛇族)系の人間たちが 

自分たちの都合のいいように書いたもので 

真実からはかなり遠いものなのですって・・


あと 土偶について・・・

まず 現在の説から紹介しますね。


※ 土偶・・yahoo百科事典より

土偶は、単なる飾り物や玩具(がんぐ)などではない。
縄文時代人の内面的な生活に深いかかわりをもつものであったろう。
乳房や妊娠した状態は、女性とりわけ母性を意識したものである。
このことから、動植物の繁殖、豊饒(ほうじょう)を
祈願することなどに結び付ける考えがある。
また、土偶が完全な形で発見される場合はきわめて少なく、
たいていどこかの部分が欠損している。
これについては、病気やけがなどの身代りであったとする解釈が聞かれる。
その欠けた箇所をアスファルトで接着した例が知られている。
さらに、土偶が遺骸(いがい)を埋葬した墓壙(ぼこう)内から
出土した例も報告されている。
この場合には副葬品ということになろうが、
どんな意味が込められていたのであろうか


さくやさんの話では・・・

女性を形作ったものではなく、

祈願のためのものでもないそうです。

これは 宇宙服を着た何者かの存在の記録を残すために

縄文人が作ったものだそうです。

これについては もっといろいろ情報があるそうですが、

ちょっと危ない話らしく(汗)・・・

今はまだお伝えする時期ではないらしいので、

またの機会にしますね。



読者の皆様の 応援ポチ のおかげで

ランキング トップ 10圏内をキープすることが出来ています。

そして たくさんの新しい読者の皆様の目にふれることが

できるようになってきて本当に嬉しいです。

週間アウトのポイントが、すごいことになってます(驚)

感謝の気持ちでいっぱいです!


年末年始も 毎日 更新するつもりです!

毎日 ひと手間おかけして申し訳ありませんが

今日も応援 ポチッと、よろしくお願いいたします!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト! あなたの応援のポチで このブログを育ててください、よろしくお願いしま~す



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ