ミナミAアシュタール出版本

ブログ用

カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

破・常識 あつし

Author:破・常識 あつし
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

FC2 カウンター

アクセスカウンター

IFO注文とは

ムー と アトランティス の関係!

今日の 破・常識!




ムーは 愛と調和の平和な文明!



アトランティスは 恐怖による支配!




テラ(地球)が見ていた 日本の歴史の真実! 2




何故 ムーとアトランティス・・・この二つの大陸は沈み

地球は今の形になったのか?


その前に 地軸がまっすぐだったころの地球の話から・・・

意地悪で引っ張ってるんじゃないですよ~~(笑)


地球が誕生したとき 地軸はまっすぐで 大陸はひとつだった。

ムーの文明も アトランティス文明も 

その大陸の中で栄えていたのです。

そのころ ムーもアトランティスも 穏やかな気候で 

生活しやすかったみたい・・・


現在の 常夏のハワイに近い感じ?

濃密な空気で・・・森林の中に入ったような感じかな?

フィトンチッドが多く・・・

※ wikipedia より

フィトンチッド (phytoncide) とは、 微生物の活動を抑制する作用をもつ、

樹木 などが発散する化学物質 。植物 が傷つけられた際に放出し、

殺菌 力を持つ揮発性 物質 のことを指す。

森林浴 はこれに接して健康 を維持する方法だが、

健康だけでなく癒し や安らぎ を与える効果もある。

フィトンチッドはその殺菌性や森林の香りの成分であるということから

良いイメージがあり、

森林浴 の効能を紹介する際に良く用いられている。



ウイルスや悪い菌が繁殖しにくい環境で 人間たちもほとんど病気には

罹らず ましてや ストレスなんか・・・ない!ない!


その時代の 地球上の人間の人口は 約3億人。

ムーの民族は 6~7千万人で それ以外はほとんどアトランティス系!

その中には ノルディック(金髪碧眼)の種もいたらしいけど・・・


アトランティスの文化圏・・2億人ぐらい 

その他別の民族も少々いたという感じ!

そのムーの文化圏を ムー大陸と呼びますね。


では アトランティスは どうだったのか?

土地の面積の比較でいえば ムー大陸以外のほとんどが 

アトランティスの文化圏です。


そのころの世界は 大部分がアトランティスの文化圏で

そのアトランティスを支配していたのが レプティリアンなんです。

だから 現在の世界は そのアトランティス文明の

流れを汲むもの・・・

恐怖による支配で ピラミッド型の支配構造・・

まさしく 現在の世界の社会状況と同じなんです。


そのころ 北極と南極は存在していて 

現在と同じように氷の大陸だった。

そして 北半球から赤道あたりにかけ 広大な一つの大陸だった。

ムー大陸が存在していた場所ですが、ジェームズ・チャーチワードが

言っている説では 現在の太平洋の中央にひし形みたいな大陸が

あったとする地図になっています。

位置的には そのあたりでいいらしいですが ただ 上部と言うか

北側が 日本列島につながって もっと広くチャーチワードの説の

面積の約1.5倍くらいありました。


その面積の土地が ムー文明の文化圏です。

そこは 愛と調和で成り立つ 平和な世界でした。

最初の頃は ムーもアトランティスもそんなに波動の違いは

無かったんです。

しかし 6~7千万年の間に 波動が大きく変わって・・・

つまり アトランティスは波動が下がり(ディセンション)

ムーの愛の波動とは ほど遠い存在になっちゃった(_ _。)


アトランティスは 技術にハートがついていかなかったのです。

だから 人を傷つけ テラ(地球)を傷つける方向へ進んでしまった。

アトランティスには 戦闘の軍があり 武器を持っていた。

そして もっと強い武器を・・・欲しがってしまったのね~~(-"-;A


結局 原子核に 手を出してしまった!

現在の 核の使い方とは かなり違っていたらしい・・・

クリスタルを使ったそうです。

クリスタルは 増幅装置で 原子核をいじるのに使用し

最高の武器を手にするために いろいろな実験をしてたんですって!


・・・なんか 現代社会に似てるっち(>_<)


で、クリスタルで核エネルギーを増幅させようとして 実験していたら

自分たちのネガな感情のエネルギーまで 増幅させちまった。

完全に自分たちが呑み込まれ・・・

クリスタルで増幅させた核のエネルギーを 

コントロールできなくなって・・・


      あれ? あれ? あれ?


テラ(地球)の核に 放射してしまった!


テラ(地球)の 核が 急激に熱せられた・・・

電子レンジで チン・・されちゃったぁ・・・

元々のテラ(地球)は 現在より小さかったのです。

それが テラ(地球)の核が急激に熱せられたことにより


膨張し 


大陸が割れ


同時に地軸がずれて しまった!


それは 宇宙的には一瞬の出来事(今でいう 2,3日の出来事)

ポップコーンがはじけるみたいに・・・

ゆで卵の殻が 破裂するみたいに・・・

テラ(地球)は大きく傷つけられ 2,3日の間に大きく変わってしまった。


その時に ムー大陸は沈み アトランティス大陸は張り裂け 

今の大西洋の位置にあった大陸は 沈んでしまった。

そして 張り裂けた大陸は 今の大陸の位置に移動し

現在のテラ(地球)に近い状態になってしまったのです。


テラ(地球)のハートは傷つき 

マントル(テラの血液)の流れは変わり

海溝として テラの傷が残り

テラの表面に 今までなかった砂漠が出来てしまった。


地球上の命は 一瞬にして絶滅してしまったのです。



芸術・人文 ブログランキングへ

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

幻の?・・ムー大陸!

今日の 破・常識!

ムー大陸は 実在した!


”テラが見ていた日本の歴史の真実” 1


先ず 最初に 読者の皆様にお断りしておきます。

私は 今まで ムーに関して 他の文献 ブログ 等で

調べて 勉強したことは まったくありません。

従って これからお話しする ムーに関しての内容は、

高次元のさくやさんと テラからの情報です。

この情報を 信じる・信じない の判断は、ご自分の責任において

よろしく・・・お願い いたしま~~す。


・・・と、言うことで



このシリーズのテーマは ムーの波動 文明を 思い出すことですので、

先ず 最初に ムー大陸についてお話ししようと思います。

ムー大陸の存在について 

今 はじめてインターネットで調べてみましたぁ~~

かいつまんで 話して行きますので もっと詳しく現在の情報が

知りたい方は 自分で調べてくださいね。


先ず 日本において ムー大陸伝説は 事実上 存在しない扱いに

なっているらしいです。

何で こんな扱いされているんでしょうねぇ??

そりゃ ムー大陸の存在を認めたら 支配者側が作った嘘の歴史が

ばれちゃうから・・かな??

ムー大陸や 文明について 

いろいろな説があることは あるみたいですけど

現在では 幻?・・と言うことで 話を収めているようです。


しかし ムー大陸は 存在したのです。


それと並んで 語られる・・・

最近 少し話題になっている アトランティス大陸も・・・

同時期に 二つの大陸は 存在していました。

そして 現在の説では ムー大陸は 太平洋に沈み

アトランティス大陸は 大西洋に沈んだ・・

と言う伝説になっているみたい・・・


でも、真実は そうではないのです。


先ず 地球についてお話しします。

現在は 地軸が傾いている地球。

元々は まっすぐだったのです。

まっすぐ・・と言うことは 今の北極と南極が 

完全に地球の上と下にあった・・と言うこと!

わかります?


あ、それと 私 絵を書くの苦手ですから・・・

解説図があれば もう少しわかりやすいと思うんだけど、

私 出来ないので・・・ あなたのイメージで 受け取ってください(笑)


地球の地軸が まっすぐだった・・・と言うことと、

そのころの 地球は 陸が6 で 海が4 の割合。

現在は 陸が3 で 海が7 の割合・・かな?

間違ってたら ゴメンナサイ。

そして 陸の部分は 現在と違って 北半球(上半球)から

赤道あたりに 固まって存在し(今のように分かれることなく

つながった一つの大きな土地として存在していた) 

それ以外が海だったそうです。


・・と言うことは ムー大陸と アトランティス大陸、


両方とも 今の太平洋・大西洋に 存在していなかったのです。


じゃあ どこに その二つの大陸は 存在していたのか???

それはね・・・・その大きな大陸の中に二つの文明として

存在していたのです。

じゃあ なぜ その二つの大陸は 沈み 

地球は今のような形になったのか??

今日は 時間が無くなっちゃいましたので この続きは 次回に!



芸術・人文 ブログランキングへ

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


前のページ «  ホーム